車で栃木県の佐野市から北海道の釧路まで行きたいのですが、フェリー…シルバーフェリー

67歳のMaIeシルバー私が4月15日にプーケットに一人旅に行きます、ホテル…

67歳のMaIeシルバー私が4月15日にプーケットに一人旅に行きます、ホテルはカロンのヒルトンに朝食付きプランですが、ツアーの出発時間の関係と朝食をゆっくり食べたいため「ルームサービス」利用したいと考えていますが「ルームサービス」は有料だと思いますが、約で良いですのでわかる方教えてください。
ピピ島高速フェリーツアー(プレミアムクラス)に参加された方、乗船時間が片道1時間30分~2時間だそうですが天気にもよると思いますが揺れとかはいかがなものか知ってる範囲で結構ですので宜しくお願いいたします。

カロンのヒルトンの事についてはわからないのでピピ島のツアーについてのみ回答させてもらいます。
>天気にもよると思いますが揺れとかはいかがなものか知ってる範囲でプーケットからピピ島行のフェリーが揺れるかどうかはおっしゃる通り天候と海況に左右されます。
ピピ島高速フェリーツアー(プレミアムクラス)という事はおそらくアンダマンウエーブと言う会社のフェリーを利用する可能性が高いと思います。
アンダマンウエーブのプーケットからのフェリーは比較的大型で多少の波では大きな揺れはないと思いますが波が高くなればかなり揺れる場合もあるので参加されるときの海況をよく確認されればいいと思います。
目安としてはカロンビーチの海が波立っていれば揺れる可能性があり静かであればあまり揺れないと思います。
ピピ島までの時間は2時間前後見ておかれたほうが良いと思います。
フェリー会社のタイムスケジュールでは1時間半と言う表記になっている場合も多いですが1時間半ではつかないでしょう。
ちなみに現在の海況状況の予報では15日は風速5~10mほどで波も0.5m前後なので問題はないと思います。
中でも17日の午前中が一番穏やかでその時の前後は午前はあまり風は吹かず夕方ごろから少し風が出るという感じです。
日帰ツアーのピピ島は場合によっては混雑している印象しか残らないかもしれませんが日帰り観光客がいない時間帯は結構静かですがトンサイの街中はエキサイティングです。
ピピ島はかなり街中はエキサイティングな島でもありまったりできるところもあり本当はピピ島ステイが一番いいと思うのですが今回はカロンステイでお楽しみになりもしチャンスがあれば次回はピピ島ステイも検討されればいかがでしょうか。

プーケットで旅行代理店をしています。

朝食はABFだと500Bくらいではないでしょうか。

フェリーですがVIPクラスも普通クラスもほとんど揺れることはありませんが、念のため酔い止めは飲んでおいた方がいいと思います。運行しているときははほとんど酔いませんが、シュノーケルなどで停泊しているときに揺れて酔う方がいます。>

富良野中心部から苫小牧フェリー乗り場まで、高速を使うと、およそ何百キロ、車で…

富良野中心部から苫小牧フェリー乗り場まで、高速を使うと、およそ何百キロ、車での所要時間は何時間でしょうか?お詳しい方、宜しくお願いいたします。

富良野~三笠~苫小牧(道央道札幌経由)178km・約3時間(休憩なし)。
富良野~トマム~苫小牧(道東道)340km・約4時間(休憩なし)。
富良野~三笠~岩見沢~苫小牧(すべて下道)149km・約3時間10分(休憩なし)。
お好きなコースで。
「北の道ナビ」http://d-time.hdb.hkd.mlit.go.jp/フェリー埠頭と言っても苫小牧は2つあるけどどちらかな。
新日本海を使うのであれば+20kmほどしたね。
東港。
シルバー・商船・太平洋であれば西港だけど。

150キロで二時間半です。
バイクでそんなところです。
車でも同じくらいでいけると思います。>

北海道苫小牧発 青森県八戸行きのフェリーの苫小牧発の時刻を教えてください。

北海道苫小牧発 青森県八戸行きのフェリーの苫小牧発の時刻を教えてください。
あと、札幌駅バスターミナルから苫小牧のフェリー埠頭の始発の時間も教えてください。

北海道中央バス札幌駅 15:00→ 苫小牧西港 16:50シルバーフェリー苫小牧発5:00→八戸着13:30 苫小牧発9:15→八戸着18:15 苫小牧発21:15→八戸着4:45 苫小牧発24:00→八戸着7:307月10日まで、八戸港使用できないため、青森堤港となります。
到着時刻も一部変更となります。

岩手、青森から北海道まで。

岩手、青森から北海道まで。
フェリー、飛行機、青函トンネルなどの料金を教えて下さい。
札幌、旭川を観光予定です。
八戸、青森、二戸、三沢から出発できます。
自分でも調べましたが、いまいちわかりません。
2歳半の子供もいます。
また、着いてからの異動はレンタカーがいいのでしょうか?よろしくお願いします。

川崎近海汽船がお届けするシルバーフェリー。
2等 4500円、八戸~苫小牧を終夜運行7~9時間で結びます。
八戸復帰に伴い、シャトルバスの運行を再開致します。
また、八戸22:00発便に接続するシャトルバスもでき、ますます便利になりました。
是非ご利用下さい。
札幌~苫小牧間を結ぶ高速バス「とまこまい号」と苫小牧~八戸間を結ぶ「シルバーフェリー」がセットで買える「札幌・八戸なかよしきっぷ」の発売を再開いたします。
ので、旅客・車、どちらの利用も可。
道央~道東方面お出かけの際はどうぞ。
お問い合わせは予約センター(ゴーサンキューシルバー) 0120-539-468まで。
どうも。

シルバーウイークのフェリーの混み具合(大阪から九州)

シルバーウイークのフェリーの混み具合(大阪から九州)今月のシルバーウイークの20日(日)の阪九フェリーにて九州に向かいます。
シルバーウイークと言うことで混雑は覚悟しているのですが、レストランや浴場など、利用できないほどに混むのでしょうか?手ぶらで行って最悪の場合は自販機のラーメンでも食べてしのごうかと思っているのですが、せっかくなのでレストランも利用したいんです…阪九フェリーに乗ったことある方やフェリーに良く乗るかた教えてください!

お風呂は、乗船直後であれば、まず満員御礼ということはありません。
船室に入り荷物をまとめたらすぐに入浴されることをお勧めします。
レストランは、開店から1時間くらいは混んで相席になる確率が多いですが、阪九は結構遅くまで営業してますので、開店後1時間半くらいか閉店30分前(オーダーストップ前)くらいに行けば、たいてい落ち着いて食べられます。
阪九のレストランは評判がいいので、ラーメンですますのはもったいないです(笑)。

年末の正月繁忙期に乗船しましたが、阪九フェリーは詰め込まないようで混雑はしていたものの食事できない・風呂にも入れないほどは混雑していませんでした。

食堂は開店直後待ち時間が発生していましたがほどなく解消し、レストラン閉鎖1時間前を過ぎると空席も多くなりました。
どうしても乗船後すぐ食事したい(お目当てのメニューがある等)なら開店前の列に並べば良いです。20分も前から並べばまず大丈夫。

お風呂は乗船してすぐ入れば比較的空いています。出港時間が近づくにつれ混雑していき、出港して1時間も過ぎればまた空き始めます。

乗船クラスは何でしょう?個室を取られているなら心配することもないと思いますよ。二等でもザコ寝ながら寝るスペースはあてがわれます。
昔繁忙期に二等で乗船した某社船は詰めるだけ詰め込み、ラウンジやロビー、ビデオ上映室の椅子を撤去し毛布を敷いて臨時席、果ては営業終了後のレストランまで臨時席で、さながら難民船のような感じでした。それに較べれば阪九フェリーは快適です。>

フェリーの外部電源供給装置の設置位置関連での質問です。

フェリーの外部電源供給装置の設置位置関連での質問です。
実はhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087649225の質問での回答の一つである>キャンピングカーであれば金が掛かりますが外部電源を借りることは出来ますがね。
というのが気になったのですが、カーフェリーの電源供給装置はトラック(冷凍車)用の区画だけではなく乗用車用の区画にも設置されているものなのでしょうか?できれば主だったフェリーの会社おきに説明して頂ければ非常に嬉しいです。

どこのフェリー会社も乗用車用の区画には電源供給装置は設置されていません冷凍車に供給されている電源も200Ⅴですのでキャンピングカーの電源として直結できるかどうかは車両側の機能によりますシルバーフェリーでプラグインハイブリット用に一部の船舶で充電用の電源提供しています

それを気にする必要はありません。
あなたが「電源が必要」と申し出て、運行会社側がそれを認めれば、あなたのクルマは電源を接続できる範囲内へ誘導されます。>フェリーの乗組員をしてました
一般の普通のお客さんに電源を貸すのは聞いたことがありません
以前、苫小牧沖で冷凍コンテナトラックからの電源火災により乗組員が1人亡くなりました
責任問題にもなりますので、恐らくどこの会社も貸してはくれないと思います>

シルバープリンセスの特等室に、DVDプレイヤーはありますか?

シルバープリンセスの特等室に、DVDプレイヤーはありますか?来月帰省の為、シルバーフェリーのシルバープリンセス苫小牧→八戸に初乗船します。
特等室にDVDプレイヤーはありますか?また、テレビの地上波は普通に見れますか?スマホはつながりますか?5歳の子連れのため、夜行便か朝便にするか悩んでします。
DVDプレイヤーがあれば、朝便でもなんとか時間をつぶせると思うので・・・。
乗ったことがある方がいらっしゃいましたら、教えていただければありがたいです(^^)

地上波は見れません。
衛星放送しか見れません。
携帯の電波は、出発と到着含めても数時間しかつながりません。
基本的にはつながらないと思った方が良いと思います。
DVDプレイヤーはないです。
ただ、差込口があったと思いますので、持込でしたらDVDは見れるかもしれません。
確認してみて下さい。
夜便は混みますので、朝便の方が予約が取りやすいと思います。

苫小牧までの航路は、本州&北海道の沖合いを航行するので、地上デジタル放送は受信出来ません。またスマホも受信には無理があります。
希にアンテナが立つこともありますが期待出来ません。
DVDプレーヤーですが特等室には設備されてないと思いましたが。
シルバープリンセスには、キッズルームがあるので、お子様連れなら、楽しめるのでは。
ちなみに、シルバーフェリーの他の船舶にはキッズルームはありません。
以上よろしくです。

補足です。
テレビは衛星放送が見れます。>

夏に初の北海道ツーリングを計画、行程思案中なのですが、苫小牧をAM6時頃に走り出…

夏に初の北海道ツーリングを計画、行程思案中なのですが、苫小牧をAM6時頃に走り出して夕方までに羅臼へ行くのは無茶でしょうか?

苫小牧港0600到着だと、シルバーエイトですね。
注意することが4点ほど。
第1点夏の金・土2200八戸港発便は劇混みなので、予約の確保が非常に大変です。
私の経験から・・・2ヶ月前のちょうど0900が予約開始なのですが、PCの前に陣取って各項目の入力を済ませ、再度の確認後にエンタ―キーを押したところ、無情にも「受付不可」の表示。
決して冗談ではありません。
0910にもなっていませんでした。
泣く泣く相方に連絡を取り、青森港2225→函館港0205便を確保したことがあります。
真っ暗な函館から苫小牧に向けて道央道(SA、PAの間隔が50kmほどあって、結構しんどい)を走り、すっかり明るくなった06時頃に苫小牧到着。
フェリー船内の約4時間は、睡眠時間確保には短いし起きているのには長いしで、かなりキツい思いをします。
仙台港1940→苫小牧港1100の太平洋フェリーもあります。
太平洋fは、期間限定ですが運賃が川近fよりも安く済む「早割り」の場合もありますし、船が大きいので揺れも少なく、シルバーfよりもむしろ船内は快適です。
川崎近海汽船の予約確保に失敗した場合も想定し、青→函の津軽海峡fと青函f、仙→苫の太平洋fも視野に入れておきましょう。
第2点しっかり身体を休めるために、できるだけ雑魚寝の2等は避け、寝台を確保しましょう。
プリンセスとエイトは2等広間でも座席指定があるのでマシですが、クィーンの2等広間はできるだけ避けるべきです。
2等寝台の設定が無いベニリアの2等広間だと、ほとんど難行苦行です。
酔っ払いの集団が近くだと最悪。
防音用トラベル耳栓でも臭いは防ぎようがありません。
第3点港にフェリーが到着したら、そのまま直ぐ下船できる訳ではありません。
最初にバイクが乗船しますので、下船時にはバイクが最後になってしまいます。
30分間以上かかることがほぼ確実、1時間近くかかる時もあります。
第4点私が北海道をキャンツーする時は、1日の行程を350km位で計画します。
ちなみに内地だと250km位。
キャンプはパッキングに手間取りますから、いつも出発は08時過ぎになりますが、それでも目安にする18時頃には到着できてしまいます。
つまり、平均速度を60kmで計算することが可能です。
道幅が広く、交通量が少なく、信号機が少なく、車の流れが早く、なのですが、バンバン追い越しをする走りだと、捕縛と事故の危険性が高まります。
黄色のセンターラインは絶対にはみ出ししない、できるだけ露払い(先行車)の後を走る、R搭載PCは後ろからも測定するので見かけたら必ずSダウン、市街地の出入り口周辺は特に気を付ける、二人乗りの大型セダンは必ず様子見、頭を道路に向けて駐車している車には必ず頭を向けて視線を飛ばすなど。
道東だと、小さな防風林からデカイ鹿が飛び出しくてくることがあります。
アスファルトの上だと蹄が滑ってなかなかどいてくれません。
夜間走行は控えましょう。
捕縛されたり事故に遭ったりでは、楽しいツーリングが台無しです。
くれぐれも気を付けて。
牧場の中を走るとトンボでもかなりの衝撃です。
コガネムシだとほとんど弾丸。
絶対に顔をむき出しにしてはいけません。
小さくても有ると無いとでは疲労度が大違いなので、メーターバイザーやスクリーンを装着しましょう。
さて、御質問に対する回答が最後になりました。
苫小牧から羅臼まで450km弱ですから、「07時頃の出発なら夕方に羅臼に到着は可能」です。
参考1、JXTGエネルギードライブルート検索http://eneos-ss.com/search/drive/route_result.php?START=E141.36.33….参考2、北の道ナビhttp://d-time.hdb.hkd.mlit.go.jp/info/result.php?dep=01213&arr=0183…「昭文社、ツーリングマップル北海道」と「学研出版、北海道ツーリングパーフェクトガイド」を参考に、プランニングを楽しみましょう。
計画どおりに必ずそうしなければなんて考えないで、臨機応変に対処しましょう。

頑張って目的地に到着するのではなく、何処かを滞在基地にすると設営・撤収の手間を省くことができます。
また、マシンの積載量も減るので、走りも快適になります。

例えば、道東なら、弟子屈町の桜ケ丘森林公園C場・和琴半島C場・和琴湖畔C場、標茶町の多和平C場・虹別オートC場を基地にして、美幌峠~網走~小清水~知床~羅臼~開陽台の北東方面を回ると約350km。
中標津~野付~根室~釧路と南東方面もだいたい350kmになります。

道北なら、美深アイランドC場や音威子府町の天塩川リバーサイドC場を基地にして、天塩~道道106~稚内~宗谷岬~エサヌカ線~クッチャロ湖を回ると、だいたい350kmの一日コースです。
>6年前に、フォーサイトEX(250ccスクーター)で八戸港から苫小牧港に上陸しました。
午前6時頃だったと思います。
そこからその日の夕方には、稚内市に到着しました。
それもノシャップ岬に立ち寄って南下して稚内市です。
更に途中、高速道路は一切使用しておりません。
道中どこにも寄らずひたすら走ったわけでもなく、ヒマワリ畑や札沼線終着駅等寄り道しながら行きました。

羅臼は、稚内と方角は違いますが、同じような距離かなと。
なので行けると思いますよ。>逆はやったことあるし全然問題ないけど、am6に着く船ってあるんだ?

他の人の言うように平均距離は抑えたほうがいいけど、初なら羅臼~苫小牧は飛ばして他で過ごしたくなるから、別に悪いプランじゃない。

ただ、そこの間は日程短縮できる箇所なんで、宗谷を予定してるなら、帰りを短縮できない宗谷から回って、羅臼で苫小牧まで直行するか判断したほうがいいと思うけど。

知床優先で宗谷捨ててもいいっていう判断なら止めないけどね。

日程少ないのかな? であれば、まずは日程を最大限に確保する方向で検討することをお勧めします。
北海道は、上陸するまでに金が掛かって、道内では生活費とガソリン代だけ。生活費はどうせ生きてる限りは掛かるんで実質ガソリン代位しか必要ないです。
一方、デズニーランドのごとく、1週間では堪能しきれないので日程は長ければ長いほど良いです。
平均300km/日とか走ると、せわしないだけなんで。

宿がどうこうは、自由が欲しけりゃテント持って行くことをお勧めします。
北海道はキャンパーにとっては極楽です。北海道行ってキャンプしないなんて信じがたい。>日程が厳しいなら高速道路で楽勝
しかし
北海道まで行き高速道走るのは勿体ないね。
下道のみだと峠などで距離がのびちょいとハードでしょうが、なんとか着きますよw
無理なく走るのなら一日あたり350~400kmですね。
午前8~午後4時頃位で雨でも行けますよ。ただし、観光時間除く>他の回答者を補足する意味で・・・
天候が晴れていれば余裕で走れる距離だけど、一日中雨降りでその距離はかなり厳しいですよ。

北海道ツーリングのプランニングのポイントは、晴れていたら観光する時間を計算にいれて、雨でペースが落ちるようだったら観光をパスする事で時間調整が出来るように計画する。
雨が降った時はペースが2割ダウンすると計算する感じだと思います。

18時到着予定で組んだ予定が雨でペースが落ちて20時過ぎて宿に到着して迷惑を掛けた経験から、その後は無理な計画は立てなくなりました。>無茶だろうなー、無理なツーリングは事故のもとだし、楽しくないだろうに。

宿泊予約を無駄にしてもつまらん。

http://d-time.hdb.hkd.mlit.go.jp/>

屋久島宮之浦岳への登山計画に関するアドバイスをください。

屋久島宮之浦岳への登山計画に関するアドバイスをください。
ルート:白谷雲水峡バス停(8:35)→荒川別れ→縄文杉→新高塚小屋(泊) 新高塚小屋→宮之浦岳→淀川小屋(泊)→紀元杉バス停登山経験:2年程度、月2回程度山に通う30後半男です。
富士山、北岳、八経ヶ岳等、初心者向けの登山は経験しています。
持参物:食糧、寝袋、ツェルト等10kg以内に抑える予定新高塚小屋宿泊日は連休最終日の5/6(水)淀川小屋宿泊日は平日の5/7(木)以下お教えください。
Q1:新高塚小屋到着が余裕を見ると18:00~18:30頃になりますが 連休最終日5/6の新高塚小屋の込み具合は例年の経験からどの程度と予想されますか。
(まだ入れる余裕があるかとてもあふれて入れないか)Q2:そもそも上記は無理のない工程かQ3:上記計画が厳しい場合、以下の条件を満たすよりよい交通機関、登山ルートの取り方はありますか。
できればタクシーよりバスを希望。
1日目:はいびすかすフェリーで7:00宮之浦港着 1日目夜:避難小屋泊(場所は問わない) 2日目夜:避難小屋泊(場所は問わない) 3日目:13:30宮之浦港発のフェリー屋久島2に乗りたい 縄文杉と宮之浦岳の登頂をしたい経験豊富な諸先輩方のアドバイスをいただけたら幸いです。

こんにちは。
少々古くて恐縮ですが、2009年秋のシルバーウイークに屋久島へ行きました。
1日目:フェリー屋久島2で入島⇒予約していたタクシーで淀川登山口⇒淀川小屋泊(満杯のためテント)2日目:淀川小屋⇒宮之浦岳⇒新高塚小屋⇒建替え前の高塚小屋(上段は空いていたがテント)3日目:高塚小屋⇒縄文杉⇒荒川登山口⇒予約していたタクシーで宮之浦港~フェリー屋久島2で離島A1:初めての場所で、しかも計画時点で午後6時到着予定はあり得ません。
ワンミスで日没です。
また一般観光客に近いような日帰り縄文杉登山者が溢れています。
抜くにもすれ違うにも時間を要します。
自分のペースで歩けると思わないでください。
その計画ですと時間が遅く、却って登山道は空いているかもしれませんが。
私が行ったときは、新高塚小屋午後2時到着で小屋は満杯。
ウッドデッキにもテントが溢れていました。
渇水期でしたので水場の水はちょろちょろ。
500mlのペットボトルをいっぱいにするのに何十秒も掛かり、人の列が伸びていました。
高塚小屋へは午後3時に到着。
繭棚の上段は空いていましたが、建替え前の小屋内は暗かったのでテント泊しました。
10分歩いて縄文杉デッキの下まで行けば水量豊富な沢があります。
もう薄暗くなる時刻になって多数のにわか登山者?が殺到。
中にはテントを持たない人、テントが張れない人も居ました。
小屋に居た人でテントを持った人は譲って小屋を出ました。
私はテントの張り方を教えました。
GW期間中の平日を普通の平日と見るのは甘いと思います。
A2:体力的には白谷口から新高塚小屋まで1日行けると思いますが、そのつもりなら出発時間が遅すぎます。
またツェルトは雨が降ると寒いわ浸水するわで厳しいですよ。
普段からツェルト山行に慣れていますか?Q3:私は滅多なことで有給が取れないため、時間をお金で買う計画を組みました。
連休期間内に現地までの移動と山行が全て収まるようにしました。
入島した日のうちに淀川小屋へ移動。
ここは登山口みたいなものです。
翌日は夜明け前から行動が可能になります。
宮之浦岳を越えて高塚小屋泊。
高塚小屋にしたのは、着いた日と翌日の2回、いずれも人の少ない(日帰り登山者がいない)時間帯に縄文杉へ行けること。
そして下山日にフェリー屋久島2へ乗れることです。
(明るくなって縄文杉を見てからでも間に合う) 日程の関係で永田岳と白谷雲水峡は割愛しました。
昼前に荒川口へ下山すれば、タクシーを飛ばしてフェリー屋久島2の出航に間に合います。
船内でシャワーが使えました。
往路の淀川登山口までもタクシーを使いました。
フェリーの乗客が大挙して乗る路線バスは余程の強運でないと乗るのは厳しいと思います。
はいびすかすの時間帯は分かりません。
その場でタクシーを捕まえるのも困難です。
ハイシーズンには港で移動の足にあぶれた難民になってしまいます。
タクシーの代金は宮之浦港⇒淀川登山口11000円ほど。
荒川登山口⇒宮之浦港9000円弱(いずれも当時)。
その分高速船を使わず、フェリーの往復割引にしました。
レンタカーであれば縦走には不向きですが、割り切って宮之浦岳と縄文杉をそれぞれピストンするという方法もあります。
なお、はいびすかすは屋久島2と鹿児島での発着場所が違いますので注意が必要です。
高速千円の時代でしたので、静岡から夫婦2人で総額7万円を切りました。
離島は登山以前の現地移動を良く計画してください。
写真は、次には行きたい永田岳です。
地図は鹿児島港で、一番上から出ている航路が屋久島2のもの。
はいびすかすは一番下の横線で、けっこう離れています。

ご自身の経験を交えての非常に詳しいアドバイスありがとうございます。
はいびすかすフェリー到着AM7:00がネックとなってしまい、タクシー利用を考慮に入れてもどうしても当日の登山開始時間がおそくなってしまいます。
1日目は新高塚小屋まで行くことはあきらめて、高塚小屋泊の案も含め再検討してみます。
>無理しないで行くなら、5月連休後

淀川から縦走なら1日で荒川へ下れるが!

宮の浦から下るのは1日でも可能荒川から

登るのだと2日は必要です

先日22日に永田岳へ行ってきました 60-70代の男女4人でゆっくりです

淀川で21日寝て5時から歩いて4時間で宮の浦へ9時前到着

9時から1時間で永田岳で、もどりは1時間15分、下りはゆっくり

3時間掛からずに淀川小屋、紀元杉奥のPは4時には帰った

トータル11時間

宮之浦から荒川でも11時間で行けます。先回歩いてます。

途中の小屋は連休は混みますね、天気次第入れない場合も!

渋滞予想はできない、テント持参のほうがいい最悪テントで寝ます

個々の計画は、自分で組むしかないですよ。

私等は高速船利用です。フェリ-は時間がかかる。安くとも。

Pへはレンタカー利用です

単独ではなかなかきつい4-5人いたら安くなりますが

島の宿で4泊、小屋が1泊、名古屋からでⅠ人7万で済んでます

4人で28万

宿、船代、レンタカーガソリン、昼など食事は別途>

車で栃木県の佐野市から北海道の釧路まで行きたいのですが、フェリーと道路を使っ…

車で栃木県の佐野市から北海道の釧路まで行きたいのですが、フェリーと道路を使って最短時間で行く方法を教えてください。

シルバーフェリーの速い船(プリンセスかクィーン)が最短で行く方法。
青森~函館を回答してるやつらは嘘つき。
八戸経由のほうが少しだけ短いね。
新潟~苫小牧東が月曜限定、と回答してる嘘つきにも注意。

青森まで、頑張れば6時間。
船が4時間だが、待ち時間が2時間予定する。
函館から5号線
大沼公園から高速=道東道本別で降りて、白糠経由。
時間?

前に、東京から24時間下道でどこまで行けるか?
苫小牧の先の山の中。途中、青森で温泉入ったのが秘訣。これがロングドライブのコツ。

最低でも16時間以上。体力勝負ですよ。船の中は寝にくい。>休憩も含めると八戸からのシルバーフェリーが無難かと思います。>東北自動車道の佐野藤岡ICから北上して、青森ICから港へ。
その後函館から一般道で北上して、千歳あたりから東へ進路をとること。>青森まで自走、津軽海峡をフエリー利用、函館→大沼公園間を一般道。
大沼公園から道央道/道東道で本別/白糠経由で釧路。
休憩やフエリーの待ち時間を考慮しない、走行ベースで19:00-20:00。
但し、全国を又に掛けているトラッカーならいざ知らず、一般的では無いですね。

体力的に一番無難なルートは、大洗港まで自走(1:40)、三井商船フエリーで苫小牧へ(18:00)。
苫小牧からは道央道/道東道で白糠へ、一般道で釧路入り(7:00)。
本別から白糠まで道東道が無料で延伸されています。
Σ 26:40。
更に、月曜日限定ですが(週一便、敦賀ー新潟ー秋田ー苫小牧東)、新潟フエリー埠頭深夜出航の新日本海F、敦賀発寄港便で苫小牧東へ(18:00)も。
但し、新潟港まで3:20。>車の性能、質問者さんの能力(連続でどこまで、どれくらいの速度で走れるか)に大きく依存します。

北海道に車で行く場合は、まずどうやって渡るか=どこからどこ行きのフェリーに乗るかを決める、ことになります。釧路行きの一般旅客が乗れるフェリーは現在ありません。よって、別のどっかから陸路です。
①茨城県大洗港→苫小牧港(商船三井フェリー)
②仙台港→苫小牧港(太平洋フェリー)
③青森県八戸港→苫小牧港(シルバーフェリー)
④青森港→函館港(津軽海峡フェリーまたは青函フェリー)
⑤青森県大間港(下北半島)→函館港(津軽海峡フェリー)
日本海側は省略します(新日本海フェリー)

Googleでは、④をつかって渋滞なしで17時間17分と出ました。私の感覚でも無限に体力があり(仮眠とか長時間の休憩なしで700+500km走りきれる)、車の性能が通常考えられるレベル、であればこのルートが最速かと考えます。質問者さんの努力や覚悟で高速走行時間を詰めればさらに時間短縮が可能(当然、裏目もありです)。フェリーのタイミングを逃しても1日最大16便(2社合計)あります。

①は乗船時間だけで20時間くらいありますので、その時点で④に勝てません。ただし一番性能差での時間振れは少ないです。

②③はこの2つの間です。

⑤は下北半島に高速がなく苦戦する、1日2便しかないので乗れなかった時のロスが大きいのでお勧めしません。

出発時間など含め条件を勘案して決めてください、事故の無いように。>