今度、青函フェリーを利用して函館まで行くのですが、朝早いので青森…青函フェリー

五稜郭駅で、午後10:30~11:00にタクシーは常駐していますか?

五稜郭駅で、午後10:30~11:00にタクシーは常駐していますか?今度のGWに、五稜郭22:43着でタクシーに乗り換え、「青函フェリー」のターミナルに23:00までに着きたいのですが大丈夫でしょうか?

いると思いますが、17分ではギリギリでは。

どうして今は函館発網走行きや釧路行きの直通特急が無いのでしょうか?

どうして今は函館発網走行きや釧路行きの直通特急が無いのでしょうか?フェリーはないけど、青函連絡特急からの乗継ぎで、北海道各地へ行く旅客は多いはず。
新幹線札幌開通までは必要ではないでしょうか(>_<)

残念ながら、函館から道内各地へ直通列車を運行しても、需要はありません。
直通しても、乗客は札幌や南千歳で入れ替わるのがオチです。
現在の北海道の玄関口は、新千歳空港ですから。
国鉄末期の青函連絡船があった時代でも、本州などから北海道へやってくる人の9割が飛行機利用、国鉄=青函連絡船利用は数パーセントと言われていました。
現在の津軽海峡線の利用者は低迷していて青函連絡船の末期よりも少ないので、さらに割合は下がっていると思われます。
新青森まで新幹線が来たけど、定着しだした矢先の震災。
この状態では、かつてのような函館から道内各地への直通列車運行は夢のまた夢。
函館~札幌間の距離を考えると、最低でも新幹線が札幌駅に達するまでは、道央でも航空の優位は変わらないでしょうね。
さらに道東や道北というと…博多までとっくに新幹線が通じていた九州で、東京などから宮崎や鹿児島への鉄道乗り継ぎ利用者がどれだけいたかと比べても、厳しいと思いますね。

函館~札幌往復 と札幌~釧路往復に細分化した方が本数を稼げますし
給油せずに一往復半運転でき編成も路線に応じた両数で効率が良いと思います。
その中に1日上下1本しか運転出来ない「おおとり」「おおぞら」を今更走らせてもね
「おおとり」の上りは函館到着後青函連絡線を経て青森発の最終「はくつる」に連絡させていました。
「おおぞら」の函館初は歴代共に早朝の5時前です。
これは連絡線が存在していたから出来た時刻と思います。今だと早朝に函館から乗る人は少ないでしょう。
そして釧路に着き根室まで更に行くと夕方到着。
こんなに時間をかけて移動する人は現在だと居ないですよ>函館―網走、函館―釧路は鉄道で、7~9時間かかります。飛行機なら新千歳空港経由でも2,3時間位ですので、当然飛行機利用の人が多いでしょう。起点から終点までの鉄道利用者が少ないというところ。あと長距離列車は遅れるとほかの路線や列車にも、影響します。それを防止するために途中の札幌を目安としているのだと思います。長距離列車は他の路線でも寝台列車も含めて大幅に減っています。>>青函連絡特急からの乗継ぎで、北海道各地へ行く旅客は多いはず。
そんな客いない
キョービ、網走に用事があるヒトは飛行機で直行もしくは千歳・札幌から行く
仮に鉄道で網走まで行く「旅行者」がいるとしたら、途中で宿泊する「ゆっくり旅」の人間しかいない>

繁忙期の青函フェリーの当日キャンセル待ちでバイク1台、乗船できるでしょうか?

繁忙期の青函フェリーの当日キャンセル待ちでバイク1台、乗船できるでしょうか?8月のお盆時期に、北海道にツーリングに行く計画を立てました。
北海道での宿や、帰りのフェリーは予約できたのですが、行きのフェリーの予約が取れませんでした。
当日、フェリーターミナルまで行ってキャンセル待ちをした場合、乗船することはできるでしょうか。
お知恵をお貸しいただけたらと思います。
宜しくお願い致します。

ちょっとした隙間が出来れば積めるので、飛行機等と違ってフェリーのバイクの定員はアバウトな気がします。
私は安全策としていつも遅めの便に予約を取り、早く着いたら早い便に変更して貰っています。
毎便5~10台ぐらい(キャンセル待ちで待っている全員)、乗せていると思います。
保証は出来ませんのが、帰りが取れているなら旅行?を諦めるほど深刻じゃないと思います。
ただ、どうせ待つなら青函フェリーよりも津軽海峡フェリーの方が、船がでかいのでキャンセル待ちには向いていると思います。

宿が決まっているならその賭けは無謀では?
大間の方が乗れるような気がするけど3便/1日しかないから厳しいよ。

大洗、仙台、八戸、新潟
とにかく時間を決めず、どこかで予約が取れるか全部当たってみるしかないのでは?
(もうやっているかもしれませんが)
8/9の八戸は朝、昼、夕に少し空きが有るみたいですね。
https://www.yoyakuinet.silverferry.jp/searoad/Default.aspx
あとは8/12なら仙台と新潟に空きが有るみたい。

最悪・・・・・・・・陸送で飛行機で北海道入り・・・・。>3日も待てば取れるかと。
青森も結構楽しいよ。>よく出たと聞きますが夏の北海道ピーク時期にはどうでしょう?

確実じゃないのでやめといたほうがいいんじゃない?>予定が変更になり、今まで3回くらいフェリーのキャンセル待ちをしましたが、青函フェリーは丸1日15時間くらい待ちましたね。大間-函館間は6時間くらい待ちました。とにかく、予約が取れないなら1日潰れますので、覚悟して下さい。>キャンセルがあれば乗れるでしょう。>

カートレインって復活しないんでしょうか?

カートレインって復活しないんでしょうか?ウチの家族では僕が1歳の頃までカートレインで北海道に帰省していたそうです。
カートレイン廃止後のフェリーに乗った記憶はありますが、時間は長いし波が高いと酔うので最悪でした。
最近バイクに乗る様になり、夏休みに北海道の祖父母の家まで行こうと考えているので調べたところ、やっぱり今はフェリーしか無いんですね。
昔はカートレインの他にもMOTOトレイン(モトとレール?)があったそうで、羨ましく思います。
ユーロトンネルにカートレインの様な物がありますが、青函トンネルにカートレインを走らせる計画は結局無くなったんですか?津軽海峡フェリーでもリバースしたくらいなので、フェリー以外で車やバイクを北海道に運ぶ方法は無いのかなと思いました。
補足やはりフェリーに乗らないとなると、無人航送を利用するしかないんですね。
所要時間や北海道へのアクセスを考えると大湊・仙台・八戸・青森の何処から載せるべきですか?JR貨物のコンテナを借りてバイクを輸送するビジネスが実用化されたら利用したいのですが、実現しませんかね…。

フェリーがダメなら、運送業者のバイク陸送を利用するしかないと思います。
バイクは運んでもらって、本人は飛行機や新幹線で現地に飛ぶわけです。
バイク仲間に声をかけてJRコンテナを使うという手もあると思います。
貨物列車用のコンテナを貸し切って現地最寄りの貨物駅まで運んでもらい、人間は飛行機や新幹線などで移動するわけです。
JRコンテナは中にロープなどをかける場所がないため、輸送中にバイクが倒れないようにするための台が必要になると思いますが。
例えば東京の隅田川貨物駅から札幌貨物ターミナルまで運んでも、五トンコンテナ一個で運賃は六万くらいですから(鉄道区間の運賃のみ。
配送を利用すれば配送料は別途かかります)、三台で利用すれば二万くらいになりますね。
五トンコンテナならナナハンでも十台は載るんじゃないかな。
実はこれ、バイクメーカーが遠隔地への新車の納品に使っている方法です。
旅行代理店とか運送業者と組めば商売になるんじゃないかなと思いますね。

多分復活しないでしょう。
5ナンバーの車しか載せられないので、現在ファミリーカーとして普及しているミニバンタイプの車は殆ど載せられません。
つまり、使う人が限定されるので需要が小さいのです。

津軽海峡でフェリーに酔うのが嫌なら、八戸港や仙台港発着のフェリーの方がまだ揺れが小さいのでましです。
津軽海峡はその地形や海流から、どうしても波が高くなる特徴があるのです。>もはや車両がありません。
今後、可能な手段なら近距離の「自転車輸送」でしょうね。

島国日本にはフェリーという強敵はあるのですが、日本の近海は瀬戸内以外すべて波が荒いんです。だから地中海やカリブ海のような、優雅な船旅が普及しないのです。>スイス方式なら可能かも、、JRが踏み切るかは大いに疑問

http://www.katojin.com/swisswalker/tetsudou/BLS.html>ないです。

カートレインがなぜ衰退したかというと、一番大きな理由は、日本に大きな自動車が増えたからです。日本の鉄道は狭軌なので、あまり大きな車はもとから積めなかったのです。全幅で言うと、1700mmが限界です。最近の車で言うと、プリウスさえつめないのです。だから、需要がなくなったのです。

「青函トンネルだけなら、標準軌だから大きな車も詰める」と考える人もいるかもしれませんが、青函トンネルは夜間は貨物列車で容量がいっぱいで、線路の点検時間をひねり出すのにさえ苦労している状態です。

もう一つの理由に、客を載せる寝台車がなくなったというのもあります。客車というのは効率が悪いので、この20年くらいの間にへほとんど電車に置き換えられてしまいました。だから、今は車を載せた貨車と一緒につなげて機関車で引っ張れるような客車がそもそもないのです。

ところで、どうしてもフェリーに乗りたくないなら、車やバイクだけフェリーで無人航送してもらって、自分は列車や飛行機で移動して受け取りに行く、という方法もありますよ。>懐かしい話ですね~

効率が5mで2万円チョットしか取れないし、第一貨物ターミナルに一般人が車を取りに行くのが相当大変ですよ。受け渡し窓口も受け入れ態勢が取れてないし、貨物ターミナルのある場所って辺鄙な所が多く交通の便が悪い所ですし延着した場合の対応も当時の国鉄の風土ではサービス業としては成り立たなかったでしょうね>

札幌から大分日田まで車で走ります。
安価なルート、走りやすいルート、空いている…

札幌から大分日田まで車で走ります。
安価なルート、走りやすいルート、空いているルートありますか。
長丁場ですので、疲れそうですが。

北海道から本州に渡るにはフェリーに乗る必要がありますが、意地でも陸路にこだわりたいというワケでなければ一気に小樽から京都の舞鶴までワープした方がいいと思います。
小樽~舞鶴フェリー 31370円(車両1台・1人分の運賃)http://www.snf.jp/searoute/maiduru-otaru.html参考・・・函館~青森フェリー 10000円(青函フェリー・割引クーポン使用)これだと小樽~函館(約270km)、青森~舞鶴(約1100km)のガソリン代と高速代が必要。
車が分かりませんが、ガソリン代だけでも小樽~舞鶴フェリーの半分(15000円)は行くと思います。
残りが高速代ですが、少なくとも北海道内は高速使用せずに移動する必要があります。
ざっくりとした計算ですがこれでやっと上記の値段に並びます。
ただ、小樽~舞鶴フェリーは20時間ですが、函館~青森フェリールートで20時間「ぶっ通し」で行けるか?と言われたら多分無理だと思います。
舞鶴~日田までは高速利用した場合、約730km 8時間。
小樽~舞鶴フェリー使用した場合、舞鶴到着が夜9時ですのである程度までは一般道でも走れるでしょう。
疲れたらどこかのホテルに泊まってもいいですし、車中泊でもいいでしょう。
夜間走行なのでいくらでも高速の料金調整・時間調整は効くと思います。
で、朝には日田に着くと思います。
如何でしょうか?

高速未使用で東北から関西以西に行くなら、
かつては、
日本海側を南下するのが定番でした。
北陸抜けるとすぐ関西ですし、
太平洋側、関東の渋滞も回避できます。

とにかく
日本アルプスを避ける為、
南北のどっちかしか通れないのを確認しておくといいですよ。>福岡空港まで飛行機。そこでレンタカー借りる。>残念ながら、私も舞鶴までフェリーでに1票。

本州の下道、平均30キロ換算です。国道でも歩道なしの片道1車線、当たり前です。

生活渋滞、本州では当たり前。

九州、下道では絶対に走りたくない。道幅が広いところなんてごくわずか。

大分県、ひどいよ~。うねうねくねった道ばかり。

あなたが高速代けちるのは構わないが、体力、集中力の消耗は覚悟です。

北海道感覚なら、間違いなく事故、オービス発光です。

北海道の人間から見れば、本州の国道は酷道だから!

質問者:bigwestgood>私も舞鶴までフェリーに1票です。
理由も同じ。どうせフェリーに乗らなきゃいけない・青函で1万円はらうなら、函館まで行くより乗りやすいところで乗るのが良いという考えです。
同じ新日本海フェリーの敦賀でもびっくりするほどの差は無いですが、若干ですが高速代や時間の節約になります(北海道側でも、内地側でも)。

さて、質問者さんは内地の一般道を経験されたことありますか?未経験であれば、迷わず高速利用をお勧めします。北海道の感覚で走ると、行けども行けども全く進まない(1km2分以上で勘定してください)、カーブが多い、一桁/二桁国道でも(道民から見ると)とんでもないカーブや狭い道が出てきます。
この場合、舞鶴若狭道→中国道と行き、そのまま中国道を行くか、播但連絡道→山陽道と渡るかです。中国道の「山陽道と並行している区間」は割と車が少なく寂しいですので、それが好きか嫌いかで決めても良いと思います。

一般道を選択する場合も、日本海側を行くか(主に国道9号)、瀬戸内海側に出て行くか(主に国道2号)ですが、私が知ってる範囲で日本海側はコンビニ等も少ないので、特に夜走ると補給が大変かと思います。そのかわり車は少ないかと(比率としてトラックが多いですが)。

九州内は他の方にお願いします。

あと、瀬戸内海のフェリーや、四国の道路を上手く使うのも面白いかと思います。
・周防灘フェリー(山口県徳山→大分県竹田津):Google検索の一般道限定でお勧めされます。
http://www.suonada.co.jp
・フェリーさんふらわ(大阪南港→別府または神戸→大分):なるべく運転したくないなら、新日本海とこれの乗り継ぎがベストかと。
http://www.ferry-sunflower.co.jp/index.html
・九四国道フェリー(愛媛県三崎→大分県佐賀関):意外なルートですが、本四橋で渡ってこれもありかと。
http://www.koku94.jp

費用を計算するときは、高速代だけではなく、食事費用・宿泊費用を含めるかどうかを考えてください。行き先が自宅とか実家ならそこの食費は考えなくて済むし、単身者外食ベースならどこで喰っても同じだから食費は除外できるし。
私の感覚だと、一般道下関経由で舞鶴→日田を1日はかなり大変かと思います(600km強ある。Googleでは14.5時間の表示)。高速なら何とか行けるかと。>

はじめまして、なかなかうまく使いこなしていない私です。

はじめまして、なかなかうまく使いこなしていない私です。
今年の夏に東京から北海道にバイクでツーリングを考えています。
北海道は14日間滞在なので、一周はできると思います。
北海道に向かうルートがありますか?いくつか教えていただき、便利な点不便な点ありましたら教えてください。

北海道をメインで走るなら大洗から北海道までフェリーがありますよ。
http://www.sunflower.co.jp/ferry/tariff/index.shtml北海道は夕方以降は寒いのでトレーナーとか冬物のブルゾンが必要ですよ。
体力を温存して上陸してフェリーで行くのか、青森まで走って行くまでに体力を消耗して苦しい北海道ツーリングをするのか考えてください。
2週間だとどこも観光しない弾丸ツーリングなら可能です。
夜の郊外の走行は無理ですよ、蝦夷シカとか飛び出してきたり夜間営業のスタンドが無かったり、寒すぎてやばいです。
夜間はキャンプなり宿泊したほうが安全です。
フェリーは、青函フェリー、大洗苫小牧、新潟秋田北海道、とかありますよ。
名古屋から青森まで自走して青函フェリーで函館まで全て一般道で行ったことがあるけど函館までで体力の限界でした。
北海道まで、フェリーでいったほうが北海道ツーリングを楽しめると思いますよ。

東京からだと、大洗(茨城県)、仙台、新潟からフェリーに乗って小樽か苫小牧に入港する方法ですね。
青森からももちろん出ています。

後は、フェリー出発の時間およびフェリーに乗っている時間の違い、港に行くまでのルート上で寄りたいところがあるかなど行く人次第なので、どれが便利か不便かは一概に言えないと思います。
船酔いが心配な場合は、なるべく陸路が長い方法を選んだ方が良いでしょうね。>北海道でバイクをレンタルという手もあります。
北海道までは、飛行機、新幹線等お好きなもので。

雑誌で北海道ツーリング特集も組んでいます。
参考にしてみては?

バイクショップに相談するのも、一つの手です。>通勤や仕事のルートではないのですからツーリングのルートに利便性は求められません。

他の回答者さん同様地図を開き自分の用途にあった道を自分で決めなければいけません。

たとえば東北地方だと未だ道が寸断されていて通れないかもしれないし目的が北海道だからと考えるのであれば青森まで高速を使います。

逆に被災地を回りボランティア活動をしながらと考える人は下道を選びます。

相談事はある程度内容を煮詰めてゆき迷ったり息詰まった時にした方が的確な回答が戻ってきますよ。>東京からなら大洗まで自走して、そこからフェリーが快適でしょう。
今の季節予約の混み具合が心配ですから、ある程度日程が決まったらまずフェリーの予約をしておきましょう。もちろん帰りも予約しておいたがいいですよ。

北海道1周自体は3日もあれば出来ると思いますが、途中でいろいろ長居してしまうイベント(笑)が待ち受けてますからね。
ライダーハウスとかに泊まると、もうやばいですね、いろいろと、、、w

いつ頃行くのか知りませんが、北海道は札幌や函館あたりを除けば盆過ぎには寒くなります。必ず防寒着の用意をしていってください。気温は高めでも湿度が低いので日陰などは肌寒くなります。私が行ったときは8月末には夜間ストーブを焚いてました。雨天時のキャンプなど寒くて寝られませんでした(夏用装備だったため)。>jam19kaoriさんへ

バイクは何で行くのでしょうか?
何人でいくのでしょうか?
寄りたい場所とかありますか?
フェリーはどこから乗るのでしょうか?
私は青森まで一気に走って、そこからフェリーに乗りました。
プランを決めることも旅行の1つです。
ツーリングマップルなどを見ながら、いくつかルートを考えてみましょう。>

12月2日の嵐のコンサートに行きたいなと思っています。

12月2日の嵐のコンサートに行きたいなと思っています。
私は青森に住んでいるので、ここ数年は「はまなす」で札幌まで行っています。
でも今回は12月、ということで運休にならないかとても心配なのですが、今まで12月の最初辺りに「はまなす」が運休になったりしたことはありますか?それから、雪の場合でも、比較的あんまり止まらない、運休にならない(簡単に言えば確実に札幌にたどり着ける方法が知りたいです)手段がありましたら教えていただきたいです。
分かりにくい質問を2つもすみません。
よろしくお願いします

「はまなす」は北海道内の状況によって運休する・しないが決まります。
北海道の雪があまりにも多すぎたり、爆弾低気圧に襲われてたりしたら確実にストップですが、12月の頭ではそういうこともなさそうです。
まあ念のために、札幌へ行く代替手段は用意したほうがいいですね。
JRが使えなければ、津軽海峡フェリーもしくは青函フェリーで函館まで行き、函館からは高速バスで札幌へ行くこともできます。
この場合は津軽海峡が無事なら函館からはバスなので確実。

青森県弘前市から札幌まで、最も安く行ける交通手段を教えてください

青森県弘前市から札幌まで、最も安く行ける交通手段を教えてください

弘前→青森 JR普通列車で650円<ターミナル ⇔ JR青森駅 所要時間約30分>1回200円青森→函館 青函フェリー(1650円)か津軽海峡フェリー(2700円)函館→札幌 高速バス・高速はこだて号(4680円)合計7.180円青森⇔札幌 JR夜行急行「はまなす」弘前→(JR奥羽線普通列車)→青森→(急行はまなす)→札幌で10070円

青森港~秋田市の最速ルートについて

青森港~秋田市の最速ルートについて青函フェリーターミナルから秋田市中心部へ車で行く場合の最速のルートを教えて頂きたいと思います。
自分なりに調べたルートは①東北道青森IC~碇ヶ関IC→国道7号→秋田道二ツ井白神IC~秋田北(中央)IC②東北道青森IC~小坂JCT~秋田道大館南IC→国道7号→秋田道二ツ井白神IC~秋田北(中央)IC③大館まで①か②→北秋田市鷹巣で国道105号→国道285号→秋田道五城目八郎潟IC~秋田北(中央)IC他のルートがある場合、また可能であれば、所要時間もご教示頂けたら幸いです。

2については、スピードを出せるのであれば早いですけれど、実際のところは、あまり勧めないです。
遅い車が走ると、時間が余計に掛かるでしょう。
3が無難でしょう。
距離は、105号から285号を走るのが、確実に短いですし、昔から比べると、道路も改良されたので、到達時間は短くなってます。
多くのトラックについては、105号から285号を抜けるトラックが多いです。

②が最速です。。。。。>

今度、青函フェリーを利用して函館まで行くのですが、朝早いので青森まで車で行って、…

今度、青函フェリーを利用して函館まで行くのですが、朝早いので青森まで車で行って、車をどこかの駐車場に置いていこうと考えています。
今考えてるのは、新青森駅の駐車場において、タクシーでフェリー乗り場まで行こうと思ってます。
駐車場を一泊利用したことないんですが、特に電車に乗らなくても駐車場だけを利用することはできますか?あと、他の駐車場でいい場所があったら教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

新青森駅の駐車場は利用できます。
フェリー埠頭までタクシーで10分も掛かりません。
一応フェリーーターミナルにも駐車出来ますよ。
ヤンキーのたまり場でイタズラが多いとも聞きますが、私は大丈夫でした。
フェリー埠頭まで青森駅からでも車で10分程度ですから、青森駅周辺でも良いと思います。

新青森駅の駐車場がJRの駐車場だったら何か言われるかもしれないですが、
青森市が設置している市営駐車場ですから、問題はないでしょう。

2日間だから、駐車料金は最大1800円でしょう。1日停めると最大1000円です。

立体駐車場で長く停めるので、上階のほうに停めておいた方がよいと思います。
下の方に停めていると、出入りが多いので、ぶつけられる危険性があります。>