どーも、岩手の学生です。 二月頃卒業旅行で四人で函館に行く事になり…青函フェリー

青森?函館間のフェリーに乗りたいです。
ネットで予約してコンビニでお金を支払い…

青森?函館間のフェリーに乗りたいです。
ネットで予約してコンビニでお金を支払いました。
そしたら、メールで「津軽海峡フェリー予約のお知らせ」という名前で支払いを受け付けました。
ときました。
このメールが来たなら、フェリーに乗る当日まで何もしなくていいんですか?またチケットなど引き換えるんでしょうか?

予約番号を控えておきましょう。
(とりあえず乗船日時も)で、私流ですけど、前日に波の具合を聞きます。
私は二輪利用なので、波が高いと欠航になる恐れがある為です。
もう一社の青函フェリーは、二輪の欠航率が高いので利用しません。
余談でした。
もうひとつ余談。
船内の自販機でイカ飯を買って、備え付けのレンジで温め過ぎると、船内がイカ臭くなる。
余談でした。
良い旅を~

三重県から北海道の函館までの

三重県から北海道の函館までの最安値で行く方法 教えてください。

最安値だと徒歩で青森、青函フェリーで函館へ・・回答

もうちょっと時期が早けりゃ、ホッカイドーから出稼ぎに来ているトラック運転手にヒッチハイクの予約をしておけたのにねー。

今の時期だと、ちょっとキビシ。>最安値を求めると、時期は選べませんというか、飛行機は速い時期(75日以前とか)が基本的に安く、

また、連休の最終日の戻りは、高いです。

まさか、GWでとかは、言わないですよね!? それなら、無理です。

セントレア→函館の旅割(ANA)を利用するのが、無難ですが、

時期によっては、セントレア→新千歳(ジェットスター)を利用し、JRで移動ですが、

片道、4時間程度、無駄な時間(移動時間)が必要なので、微妙です。>セントレア~新千歳
ジェットスター
あとは解るでしょ>電車1,100円
バス640円
伊丹空港→函館空港で17,800円
———————————
19500円ぐらいですかね。

ヤフオク売ってる特典航空券が最安値でしょう。
以前、利用したことがありましたが、詐欺でもなく、
普通に利用できました。>

今朝の脳細胞破壊新聞配達ジジイの質問は

今朝の脳細胞破壊新聞配達ジジイの質問は ↓↓コレ↓↓ 青森~函館間は青函トンネルを使った鉄道と海を走るフェリーが競合していますが、どちらの利用が多いのでしょうか。
↑↑↑↑↑↑ 相変わらず脳細胞破壊してますな。
奴は以下の様な意味不明な書き込みもしています。
とうとう脳細胞破壊もピークに達した様です。
↓↓↓↓↓↓ベストアンサーlifeateさん 池田大作死去。
創価学会解散。
公明党が自民党と合併して消滅。

青函のフェリーの便数は、青函の特急の本数に比べて格段に少ない(フェリーは5便程度)から、競合相手にもならない。
ただ、青函の自動車用トンネルが存在しないから、それの客がいる。
とはいえ、青函の特急は東京などからの乗客もカウントされるが、フェリーはバラけるからなぁ…直接の比較は無理というもの。

【大至急!!50枚!!】

【大至急!!50枚!!】函館に行こうと思っています。
青森市のフェリーターミナル(津軽海峡フェリー、青函フェリー)乗り場近くで車を置ける駐車場はありますか!?当方、日帰りを予定していますが、車を青森側において函館に行きたいと思います。
駐車場はあるのでしょうか?ぜひ情報お待ちしています

駐車場はありますが、全て自己責任です当て逃げされたり、車にいたずらされることもあるようですよ

フェリーターミナルの周りは、駐車場だよ、おけない心配は、いらないと思うが、船に乗れない方が心配だよ、予約してるの?>

青森ー函館の青函トンネルは

青森ー函館の青函トンネルはバイクは 走れなんですか?やっぱりフェリーしか移動手段は無いんでしょうか?

「青函トンネル」は関門トンネルと違い、鉄道専用トンネルです・・・昔はバイクを載せて走る臨時列車もありましたが、今は有りません。


従って、お持ちのバイクが水陸両用じゃない限りはフェリーしか無いかと。

青函、宇高両連絡船が営業していたころトレインフェリー(カーフェリーの鉄道車両版…

青函、宇高両連絡船が営業していたころトレインフェリー(カーフェリーの鉄道車両版)がありましたがなぜ重い貨車を船で運ぶ動力の分エネルギーの浪費になるのに荷物を積み替えずに貨車をそのまま連絡船に載せたのですか。
また、コンテナは簡単に積み替えができることが最大の特徴ですがコンテナ車はそのまま連絡船に載せていましたか。
それとも連絡船に積み替えていましたか。
教えてください。

とても簡単なことです。
貨車の荷物を連絡船に積み替えるのに、「荷役」というのがどうしても発生します。
これには莫大な時間と人件費が掛かるだけでなく、貨物の破損などのリスクがつきまといます。
特に「時間」が一番の注目どころです。
だから貨車ごと船に積み込むことにしたのです。
質問者様のご指摘通り、貨車ごと船で運べば本来運ばなくて良い貨車を運ぶことになるだけでなく、貨車を積載するために船にデッドスペースが発生するため、船一隻当たりの積載量も大幅に減ります。
ところが、貨車を丸ごと船に積み込むことで「荷役」に掛かる時間がほぼゼロになります。
もし貨車から船へ、船から貨車へと港に着くたびにやっていたらねその荷物の移し替えだけで一日がかりになります。
ところが貨車をそのまま積み込めば僅か数十分の作業で終わります。
この「荷役」に関わる時間が「船の回転率」に関わってくるのです。
もしわざわざ積み替えをしてそれだけで1日かがりの作業になれば、どんな短い航路でも船は1日片道しか運航できなくなってしまいます。
これは「荷役」に1日掛かってしまうため、船が港に着いたら「荷役」が終わるまで丸1日折り返し運航が出来ないからです。
貨車ごと船に積み込む方式で「荷役」が数十分で済むなら、船は港に僅か数十分停泊するだけですぐ折り返し運行が出来ます。
こうすると船の回転率は上がり、青函連絡船であれば1隻の船が1日に2往復半できるのです。
船の回転率が上がると言うことは、同じ船の数で便数を増やすことが出来ます。
同時に船の停泊時間が短くなり、片側の港に船を多重に着ける必要もなくなりますので港の設備も減らすことが出来ます。
もし青函連絡船で貨車を輸送するのでなく積み替えによって貨物を運んだとすると、船と岸壁を3倍以上作らねばなりません。
しかもそれで貨車を丸ごと運ぶより輸送力が下がるのです。
ここまで語れば、貨車を運ぶというエネルギーの損失があっても、船や港湾設備を減らした上に効率的な輸送が出来るという事はご理解頂けると思います。
ちなみに、国鉄連絡船ではコンテナはコンテナ車に乗せたまま連絡船で運んでいました。
ただし、国鉄が昭和40年代に建造した青函連絡船の貨物船「渡島丸形」では、甲板に50トンコンテナを直接積んで輸送できる設計となっていました。
これは貨車を運びきれなくなった場合にコンテナ輸送をするという構想があったためです。
当時青函トンネルは新幹線専用のトンネルとして建設が進んでいて、貨物は「在来線として残る」連絡船が運ぶという計画であったために、このような構造になったのです。
貨物需要の落ち込みと北海道新幹線建設の大幅な遅れで、この計画は実現しませんでしたが、この「渡島丸形」のうち2隻「石狩丸」「檜山丸」は、広大なコンテナ積載用スペースに客室を設置するという大改造を行って貨客船の仲間入りをしました。

前回の同様の質問にも書きましたが、青函連絡船や宇高連絡船の船には車両甲板があって、貨車をそのまま搭載できる構造になっていました。
ウィキかなんかっで、青函連絡船なり、八甲田丸や摩周丸で検索してみて下さい。

コンテナは簡単に積み替えられるといっても、一つ一つ、フォークで持ち上げて、積み替えていたのでは、手間も時間もかかります。そんなことをするのなら、そのまま車両甲板に押し込んだ方がいいに決まってますよ。

着いた先の港からは、また貨物列車としてそのまま運転するんですから。>荷物を積み替える手間>車両航送の手間人件費が一番、高いし時間もかかるし荷物も痛んだりするから車両航送ができた。コンテナ列車も同じだよ。積み下ろしの時間を考えたらそのまま連絡船に積み込んだ方がなんぼか早い。>

青森ー函館間の移動手段について。

青森ー函館間の移動手段について。
新幹線以外でどのような移動手段があり、いくらくらいかかりますか?最も安く行く方法を教えて下さい。
青函フェリー、津軽海峡フェリーの2択でしょうか?青函フェリーの1600円が最安方法でしょうか?

ウエブクーポンを忘れずに。
4月1日から運賃改訂しているんで。
一部の方向けには、実質値下げになってますね。

貴方のおっしゃる通りさ!【青函フェリー】が 運賃格安な交通手段ですよ!!>

青函トンネルってすばらしいですか?

青函トンネルってすばらしいですか?

すばらしいです。
ただ、現在の北海道⇔本州間の移動の際に使われる交通機関の85%程は航空機で、青函トンネル(JR)は10%程、残りはフェリー等となっています。
現状では青函トンネルは活用しきれていない印象ですが、北海道新幹線ができれば青函トンネルの存在感も高まるでしょう。
ただ、車は青函トンネルを通行出来ません。
(事故対応・排気ガス等の換気が困難)個人的には、津軽海峡を渡る際のカーフェリーの値段が高すぎるので何とかしてほしいものです。
(車長4~5mで函館~青森が片道最低\17000程、函館~青森は直線道路はたった100km)

はい!世界一と自慢できるトンネルですよ!…..運行できるトンネルとして>JR北海道はヘタレですが、青函トンネルは世界中に自慢しても良いくらいです。>青函トンネルってすばらしいです。>

どーも、岩手の学生です。

どーも、岩手の学生です。
二月頃卒業旅行で四人で函館に行く事になりました。
それで盛岡駅から函館まで時間がかかってもとにかく安ければいいので1番交通費が安い行き方を教えて下さい。
また、函館駅付近のビジネスホテルは二泊三日の素泊まりでいくらぐらいでしょうか?回答待ってます。

自分は青森港フェリーターミナルまで車で行って、そこで車を置いてそこから青函フェリーで函館まで行ってます。
インターネットの割引クーポンを使えば片道1500円ちょいで行けます。
津軽海峡フェリーよりも船は小さいですが、片道1000円近く安いのが魅力です。
もし、バスなどで青森駅まで行くなら、4人なら青森駅からフェリーターミナルまでタクシーで行くといいかと思います。
1人300円かそこいらで済むと思いますし、待ち時間なくスムーズに行けます。
で、青函フェリーの函館ターミナル(函館のターミナルは2社違い場所にあるので注意)からJR五稜郭駅まで徒歩20~25分くらい(→函館駅まで1駅200円)。
または、フェリーターミナルから近い「港」バス停から五稜郭や函館駅方面にもバスが出ています(函館バスで時刻検索できます)。
ですが、4人ならばタクシーで函館駅まで出た方が時間的にも値段的にもお得かと思います。
宿泊は「じゃらん」や「楽天トラベル」などで検索してみるといいですよ。
4人まとまってで差支えないのであれば、1人2000~3000円で泊まれるようなプランとかがあります。

盛岡(盛岡西口)⇒青森駅 高速バス 9:45発⇒12:29着 3,160円
青森駅⇒青森港 路線バス 200円
青森硬⇒函館港 船 14:20発⇒18:00着 2,400円
函館港⇒函館駅 230円
19時前には函館駅には到着、5,990円
大間から函館もあるが、盛岡⇒大間が時間と金がかかる。

ホテルは3,000円台より有るようですが、↓参考にして絞り込んでください。
lhttp://hotel.jp/search/plan/0?region_en=hokkaido&pref_en=hokkaido&m…

うまくできないときは、↓より
http://hotel.jp/>