青函フェリーで青森→函館12:10に着きます。 五稜郭のホテル法華クラ…青函フェリー

至急教えて下さいm(_ _)m

至急教えて下さいm(_ _)m函館から青森までフェリーで行きたいのですが?自家用車含む。
青函連絡船フェリーと、津軽海峡フェリーのどちらかで行きたいと思います。
連絡したらどちらの方も予約いっぱいでした。
キャンセル待ちをしたいのですがどちらのフェリーが良いでしょうか?補足時間が無いので省いてましたが少し遅い舟券は予約出来ています。
が、時間を少し早めたいんです。
二つ舟会社あるのでどちらの会社が利用多いとかあるのかなと思って知恵袋利用しました。
悠長なコトも言ってませんし、飛行機は論外です。

私はここ3年ほど毎年GWに北海道から青森に車で行っていて、どちらも利用したことがりますが、津軽海峡フェリーのほうが早くいっぱいになるような気がします。
同じような時間帯で、津軽海峡フェリーは予約いっぱいでも、青函フェリーは取れるということがあるので。
各ホームページでこの便はこの船で、大きさはどのくらい、船内装備はこんな感じ・・・と写真付きで書いてあるのですが(きっともうご覧になってますよね)何となく、津軽海峡フェリーのほうが大きい船、新しいめの船が多い気がします。
ターミナルもきれいで大きいですしね。
まぁ、津軽海峡フェリーのほうが青函フェリーより、お値段ちょっと高めでしたけど、それでも津軽海峡フェリーから埋まるんだなと思いました。
昨年、津軽海峡フェリーの一番新しい船に乗りましたが(夜に青森を出る便でした)それはもう新しくて広くてきれいでしたよ!早い便が取れるといいですね。
良い旅を。

いずれにせよ船のカテですね。bangbang823さん>どちらも大型トラックがメインですからキャンセルは少ないと思いますが
津軽海峡フェリーの方が、大きな待合所設備があります。>いつ乗るか書いてないけど土日だったり連休が絡んでるなら諦めましょう。>ともに満席なのだから、「どちらのフェリーが良いか」などと悠長なことを言っている場合ではないと思いますが。>飛行機で行けばいいと思う>

札幌から青森まで安く行ける方法はなんでしょうか?

札幌から青森まで安く行ける方法はなんでしょうか?ちなみに10月5日に行く予定です。
補足札幌から東京までだとどうなりますか?

最も安い値段で行けるのは、札幌⇔函館は高速バス、函館⇔青森は青函フェリー。
これで1万円台のはず。
鉄道だと「北海道・東日本パス」利用じゃないと1万円台で往復は無理かも。
10月には使えませんが。
札幌から東京でしたら、札幌⇔高速バス⇔苫小牧港⇔フェリー⇔大洗⇔バス⇔水戸駅⇔高速バス⇔東京駅の「パシフィック・ストーリー」という企画切符があります、片道9900円~。
LCCと同じくらいの値段ですが到着は東京駅、成田空港着のものとは利便性は比べ物になりません。

鉄道利用で往復でしたら「青森往復きっぷ(札幌市内発)」というのがあります。19,500円

http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/g_1.html#aomori

でも、札幌-函館、函館-青森と分けたほうが安い場合もあります。

http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/a_1.html#r
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/a_1.html#tokuwari
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/g_1.html#seikan

LCCのエアアジアでしたら、10月5日、新千歳-成田5,670円の便があります。前後の交通費を加えても、7千円台でしょう。
http://www.airasia.com/jp/ja/home.page>函館まで高速バスで行って、フェリーで青森に行くと安い。>

上野~札幌まで

上野~札幌まで上野から札幌までどうやって行きますか?1夜行バス2昼行列車3自動車4新幹線5上野~札幌を結ぶ青い特急列車6上野~札幌を結ぶシルバーな特急列車7その他(飛行機を除く)

青森まで寝台特急「あけぼの」で。
そこから青函フェリーに乗って北海道に渡る。
なんてのも面白そうです。
夜行列車と連絡船で行っていた昭和の時代の旅を味わえるでしょう。
その上、「あけぼの」には特急券だけで乗れる席がありますし、フェリーも2等席なら安いので、結構安上がりです。

2.昼行列車をベースに・・・
全区間普通列車(快速含む)。青函トンネル区間だけは特例の特急列車。

現代では一番贅沢な旅行だと思います。>自動車・二輪車の自走は、例えば日本一周中ならわかりますが、それ以外はガス代・高速代・運転を考えると全くメリットがありません。フェリーを利用するのがライダー・ドライバーの常識です。
バスもメリットありません。ごろ寝・風呂付き・安い、フェリーには勝りません。
青か銀かは、予算・好み・到着時間ですかね。>テツヲタ以外では、飛行機でないなら、大洗~苫小牧のフェリーが一般的でしょ?>

青森駅から函館駅まで一番安い料金で行きたいのですがどれに乗ればいいでしょうか(…

青森駅から函館駅まで一番安い料金で行きたいのですがどれに乗ればいいでしょうか(;>_<;)よろしければ教えてください

鉄道だと特例を利用しても運賃だけで3200円は超えます。
代替手段として青函フェリーを使えば約2000円程度で乗船できます。
ただ、駅から港までは離れてるから、節約するなら歩く事になりますが距離があります。
歩きを回避するとなると、函館側は確か300円程度で駅からフェリー乗り場までバスがあります。
(青森は利用したことがないので不明です)

やっぱりそれくらいはかかるんですね詳しく教えていただきありがとうございます!!┏〇))>海を泳ぐのが安いです。かかるお金は0円です。>海を泳いで行くのが安いです。かかるお金は0円です。>楽に生きたいなら「フェリー」しかありません。

鉄道の場合は…
青森駅-津軽線・普通列車→蟹田駅(乗り換え)-特急「白鳥」→木古内
木古内(乗り換え)-江差線・普通列車→函館

という方法で、フェリーより時間がかかります。>青森駅前からバスで青森港へ
青森港からフェリーで函館港へ
函館港から函館駅前までバス
3000円くらいでしょうか。>1本だけ夜中に走る急行「はまなす」がありますね。あとは青函フェリー>

今月号の鉄道ファンに、普通列車長距離乗り継ぎランキングというものがあり、

今月号の鉄道ファンに、普通列車長距離乗り継ぎランキングというものがあり、参考として小田原→八代、1266.8km、ムーンライトながら利用というものがありましたが、どうせ書くなら大磯→八代にした方がいい様な気がするのですがどうなのでしょうか・・・?補足青春18きっぷで1日に稼げる距離の事です。

鉄道ファンという雑誌ですのでマニアックに書いても良いかと思うが、そこまで求めることなのかな、、、、1282.9km-1266.8km=16.1km 大きな差がありますね。
大磯駅が使える人が、その記事を元に実行を考えたときに小田原まで行って、損をしたとか言う人はいるかもしれませんが、分かりやすい例が良いのでは、、、===========後は東京を出発地として考えた場合小田原:1490円大磯:1140円 になるので損をすることになるが、しかし東京~(JR)~新宿~(小田急)~小田原:1080円にすれば、もっと安い。
===========関係がない回答だが、、、、乗継が上手くいけば、、、、、前々日は青函フェリー・前日は青森~大館~東京にすればフェリー+2日分+300円+650円の値段で2泊(船+電車)3日で北海道・本州・九州と縦断できる。
函館から七重浜(函館港最寄駅)が私鉄で300円青森港から青森駅は夜間は徒歩移動になる。
フェリーは24時間運航。
青森から東京は好摩から盛岡が私鉄(650円)になるが大館経由だと1日で行ける。

ムーンライトながら
は、大磯駅に止まりません。

ムーンライトながら
の停車駅の小田原駅を出発点にしているのです。

そんな、厳密なことを考えるのは、

鉄道マニアの考え方です。>ながら利用の
参考記録だから
そこまで厳密にしてないか

ながら利用で
考えていたから
直前の普通で小田原まで
行けば乗り継げるの
見落としていたから
大磯からになっていないの
どちらかでしょうね>小田原からで問題ありません。
小田原の前の停車駅は横浜で、ここから乗車すると1日ではなくなってしまいます。
大磯からとするにしても前日からの乗車が前提ですので小田原のままで十分です。>

JR北海道の宗谷本線廃線危機からの打開策として宗谷海峡と間宮海峡を青函連絡船の…

JR北海道の宗谷本線廃線危機からの打開策として宗谷海峡と間宮海峡を青函連絡船のように貨車や客車を載せたフェリーで繋いでシベリア鉄道と連結させてヨーロッパ行きの列車を走らせると言う壮大な計画はありませんか?線路の幅が違うから無理?どうせ帰ってこない北方領土より嘗て日本の一部であったサハリンに目を向ける方が将来性はあるのでは?

日本は世界一周クルーズが1000万円でも売れる国。
もしそういう列車旅のツアーがあったら売れる。
だがそもそもロシアは観光でカネを集めるということをしない国なので、そんなことには興味がない(あるならとっくにやってる)。

ロシアは中国側は殆ど無人ですヨーロッパまで距離が長過ぎます。北海道より上は人間が殆どいないのに欧州の観光客目当てめがけて鉄道を敷くなんて言う話は馬鹿げています。

JR北海道の貧困問題は人間が住んでいないし通勤客が都会の様にラッシュアワーの様に詰め込みが無いからですよ。

田舎では商売が成り立ちません>そこまでするメリットってあるの?
元から利用客の少ない宗谷線。それにサハリン経由のシベリア行を利用する人を追加して採算取れるのでしょうか?
欧州へ行く人は素直に飛行機乗るだろうし、鉄道使うにしても、ウラジオストクから乗るでしょう。

鉄道連絡船使うなら、もっと楽かつ、現実的な方法があるよ。
石狩(小樽でも可)からウラジオストクへの定期連絡航路。
そのうち新幹線は札幌まで伸び、石狩港新駅を作って接続するか、小樽築港から連絡船と接続した方が利用者苦も多そうだよね。
廃線使うよりも現実的でしょ。
(ただし採算が取れるとは思っていません)

尚、かなり昔に、稚泊連絡船ってのがありました。
(稚内ーコルサコフの鉄道連絡船)
けど、冬は航路閉ざされたそうですよ。
世界大戦終結と同時に廃止。>そういう話もなくはない。
http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1611/02/news093.html

>日露経済協力の目玉としてロシア側が要求してきたシベリア鉄道の北海道延伸案。日本の高速鉄道技術をロシアに導入する計画も併せて浮上しており、日本列島をモスクワ・欧州と陸路でつなぐ構想が、にわかに盛り上がりを見せている。

実は、ロシアは過去にも何度か日本側へ延伸案を打診しており、2013年には露極東発展省がサハリン(樺太)と大陸を結ぶ総工費1兆円の鉄道橋構想を発表した。結構本気の案件だ。

ただ、日本側では膨大な建設費に見合う効果があるのか疑問視する声が強く、政府筋は「まるで夢みたいな話だ」と一笑に付す。果たして夢物語か現実か。日本と大陸が鉄道でつながった日をイメージすると……。

稚内からサハリン(樺太)へ、海底を抜ける「宗谷トンネル」に入ると、ロシア語と日本語双方でアナウンスが流れてきた。

「みなさまロシアへようこそ。これから係員が入国書類の確認にうかがいます」

ニコリともしない無愛想な男性職員がビザとパスポートを次々チェックする。

2016年で完成100周年を迎えたシベリア鉄道は、モスクワと極東ウラジオストク間の9297キロを約1週間で結ぶ世界最長の路線だ。日本までの区間がこのほど新たに開通し、列車を乗り継げば東京からロンドンまで、鉄道で行けるようになった。

広大なシベリアの草原を駆ける車窓を眺め、ピロシキをつまみに昼からウオツカをあおると、狭い日本が大陸と“地続き”になったことを実感する。ただ、モスクワまではまだ数日。同じような景色に少し飽きてきたのはここだけの話だ。

→現実問題としては難しいと思いますけど。>ー^_^?韓◯さえ無ければそーゆー夢のある計画も出来るんだケドね。韓◯と言うか韓◯人ヴァンパイアが居無くなってからと言う事で。ー^_^?>

函館から青森までフェリーでいこうと思っています。

函館から青森までフェリーでいこうと思っています。
1)未成年ですが一人でも大丈夫でしょうか?2)往復でどれくれいかかりますでしょうか?なるべく安いのが望ましいです。
3)函館、青森のフェリーの住所はどこでしょうか?4)青森についたら青森Quarterにいくのですがどの手段でいけば最適ですか?5)あと青森Quarter付近でのホテルなどおしえてください(安いところが良いです)今回はライブのため一人で行きます。
何もかもわからないこと所にいき不安なのでなるべく詳しくおしえてほしいです。
あと青森にいったらおいしいものも食べたいと思っています。
泊るホテルの付近とかで良い店があったらおしえてほしいです(笑)観光地などもあればおしえてください!

青函フェリーだと大人一人1680円(片道)http://wrs.search.yahoo.co.jp/_ylt=A3xThi2vuglOc50AF4KDTwx.;_ylu=X3…フェリー埠頭からバスが出ていると思いますよ。
青森駅まで行って徒歩15分くらい。
ホテルは「ネオ・パル青森」・・・素泊まりで4000円前後ここで聞けるのだから、少し自分で調べるくらいになってね。
中学か高校生かわかりませんが、子供だけで行くと言うことであればホテルの予約は親にしてもらうこと。
ホテルによっては、同意書の提出を求められるからね。

1)
問題ありませんよ。もし学生さんでしたら乗船券購入の際に学生証を提示すると学割(2等座敷のみ)を適用できます。

2)
「津軽海峡フェリー」という旅客フェリーですと通常片道2等室運賃が2700円で、これに学割が1割引き、帰りも津軽海峡フェリー利用なら往復割引で更に1割引きです。こちらの会社は船内の設備が充実しており、売店やオートレストラン(自販機が置いてある軽食スペース)があります。ただし、一部設備が少ないフェリーも運航しています。

もう一社「青函フェリー」という、主に貨物系を運搬するフェリー(一般客も乗船可)があります。こちらは船の燃料費によって運賃が変わる変動制適用のため、運賃は毎月かわります。往復割引や学割の設定はあります。詳しくはフェリーHPをご覧ください。基本的に津軽海峡フェリーよりは安いですが、船内の設備は全便自販機のみですので感覚的には乗るだけという感じです。

3)
函館側の乗り場は「津軽海峡フェリー」が港町3丁目、「青函フェリー」が北埠頭です。それぞれ乗り場が全く違うのでご注意ください。
青森側の発着は2社同じ場所(青森フェリーターミナル)です。青森Quaterとは車で10分弱の距離です。

4)
青森フェリー埠頭から直接Quarterへ行く場合はタクシ-しかありません。青森駅までならシャトルバスもありますがこちらは1日4本しかないためなかなか利用できません。

5)
Quarterの近くというよりはQuarterから徒歩約15分の青森駅周辺にホテルが集中していますのでそちらになると思います。ビジネスホテルもありますので比較的安く宿泊できると思います。
また、フェリーは深夜便(夜22時~2時)もありますので日帰りでも函館へ帰ることができますよ。

◎津軽海峡フェリー
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/
◎青函フェリー
http://www.seikan-ferry.co.jp/index2.html
◎青森観光シャトルバス(フェリールート)
http://www.aomori-kanko-bus.co.jp/topics.html>

北海道にいけるフェリーを紹介してください。

北海道にいけるフェリーを紹介してください。

太平洋フェリー(名古屋~仙台~苫小牧)商船三井フェリー(大洗~苫小牧)新日本海フェリー(敦賀・舞鶴~新潟~秋田~小樽・苫小牧)津軽海峡フェリー(青森・大間~函館)青函フェリー(青森~函館)川崎近海汽船(八戸~苫小牧)ハートランドフェリー(コルサコフ~稚内)どうも。

よるの10時頃に秋田県をでてあさの8時頃までに函館につく方法はありますか?

よるの10時頃に秋田県をでてあさの8時頃までに函館につく方法はありますか?

1.自家用車にて青森港へ。
青森02:40発の青函フェリーなら、函館に06:20到着です。
冬場でもない限り、青森まで4時間はかからないと思いますが。
2.鉄道の場合、最も遅くても秋田駅20:11発の「こまち」に乗る必要があります。
秋田20:11「こまち」→盛岡23:16発「カシオペア(臨時列車)」→函館05:02着いずれ、「よるの10時」発では不可能です。

残念ながらありません。
どうしてもというのなら以下があります。
秋田 19:26~特急つがる7号~22:08 青森 22:42~急行はまなす01:00 函館>

青函フェリーで青森→函館12:10に着きます。

青函フェリーで青森→函館12:10に着きます。
五稜郭のホテル法華クラブにはバス乗り継いだりするより、大人2人で行くのでタクシーの方が楽、割り勘にすると安上がりでしょうか?

ひとつ確認しますが、「津軽海峡フェリー」じゃなくて、「青函フェリー」ですか?これらふたつは函館では発着場、つまり場所が違います。
「津軽海峡フェリー」なら、目の前バス停ですが、「青函フェリー」は国道まで歩きますので料金は安上がりではないですがタクシー(と言っても五稜郭まで1000円ぐらいかな)のほうが便利かと。
ちなみにバス停「五稜郭」から法華クラブは徒歩1~2分です

着いたその日も観光するのならバスがよろしいかと。
車内で「1日乗車券」を購入しましょう。実はコレ、函館山の登山バスも利用できるので、夜景を観るつもりなら購入して損はないですよ。>バスですと、フェリー前から16系統日吉営業所前行きに乗って五稜郭で降りると良いみたいです。
http://hakodatebus.catch-the-future.com/2007/07/post_4.html
こちらも参考にしてみてください。
乗り継ぎ料と書いてますが、函館駅方面へ行く場合となっているので、五稜郭までなら乗り継ぎがないのでもう少し安いかもしれません。
乗車から25分前後で到着するようです。
http://travel.willer.co.jp/bus/pc/3/ship/sterminalShosai/?sKaishaId…
こちらの、その他の通機関というところにもタクシーのプランがあります。タクシーだと15分くらいみたいです。>