今月の31日の始発に乗って東京から東北まで青春18で行こうと思ってい…青函フェリー

釧路から阿蘇までのバスを利用した

釧路から阿蘇までのバスを利用した最安値の行き方を教えていただきたいです。
○○線など、情報もできるだけ細かく教えていただきたいです

全部、バスの行くのですか。
「スターライト釧路号」釧路駅前ターミナル8:05↓札幌駅前ターミナル13:55運賃片道5770円往復10490円「高速はこだて号」札幌駅前ターミナル18:10↓函館駅前ターミナル23:35運賃片道4810円往復8580円函館駅前から函館港までバスで15分「青函フェリー」函館港2:00↓(運賃2等1540円)青森港5:50青森港から青森駅前までタクシーで15分「スカイ号」青森駅前8:00↓上野駅前18:50運賃片道5500円~6500円JR山手線で新宿駅まで移動上野駅-新宿駅間の運賃200円。
所要時間は約25分「はかた号」新宿高速バスターミナル21:00↓博多バスターミナル11:02西鉄天神バスセンター11:17運賃片道プレミアムシート17000円~20000円ビジネスシート12000円~15000円「ひのくに号」博多バスターミナル12:01西鉄天神バスセンター12:20↓熊本駅前14:20運賃片道2160円往復3810円「ひのくに号」は、予約不要の定員制です。
熊本駅からはJRの列車に乗ります。
熊本駅14:30 肥後大津行き↓肥後大津15:05肥後大津15:07 宮地行き↓阿蘇駅15:53宮地駅15:59運賃熊本駅-阿蘇駅・宮地駅片道1110円になります。

真剣に聞いていませんよね?
ここは鉄道カテゴリーです。
バスが線路を走るようになったら、このカテゴリーでもいいけど。
カテゴリー違いです。>

北海道新幹線が開通したら、18きっぷ格安旅行者はこうなるんですか?

北海道新幹線が開通したら、18きっぷ格安旅行者はこうなるんですか?北海道内駅発~(道内移動)~函館駅 函館港~青函フェリー(2等船室)~青森港 青森駅~(本州移動)@逆も同様@青函フェリーは別途支払い補足fakako_0926さん現在でも、18きっぷ発売時期に各セクが乗り放題乗車券を発売してはいますけどね。
それと、青函トンネルはJRのままです。
ただし、通れるのは新幹線か、貨物列車。

現状、一番安いのは青函フェリーの割引クーポンなんですけどね。
青函フェリーのいいところは、2等ベッド席が無料先着順なところなんですけど、4時間ならただの仮眠。
すぐ起きる時間。
おそらくJR北海道が、ローカル輸送に大ナタを振ったら日中の普通列車なんてアテにならなくなるでしょう。
それなら、いっそ苫小牧(苫八)に上がったほうがマシになる可能性があることを考えておいていいでしょう。
まあ、一晩横になって風呂に入れて、それで5000円ですから。
イオンさん行けば冷凍弁当あるし、最近地方に行っても神戸物産業務スーパーもあるし。
クーラーバックなしで冷食を一晩持たせる方法もあるんですよ。
そんなことできるのも、フェリーのなせる業ですけどね。
また、新設予定の宮古室蘭航路もどうなるのか? 検討の余地はありますね。

フェリーでワープの効果を最大限に出すために、苫小牧~仙台・苫小牧~八戸航路の利用者も増えるかも知れませんね。>そうなるだろうな

函館の北埠頭なら五稜郭駅の方が近くていいぞ。
それが便利かは旅路次第だがな>第3セクターで、別に料金をかけるか、少し青春18きっぷを高くして「三連休乗車券」みたいに青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、これから開業する道南いさびり鉄道、九州の第3セクター鉄道を、使えるようにすればいいと思います。そういった鉄道会社の情報は、ありません。>安さを求める人ならそうするでしょう
切符を有効に使うために
夜中のフェリーで少ない仮眠をとって
始発で出るというのが増えそうだな~>

函館のフェリー乗り場から函館駅の交通手段

函館のフェリー乗り場から函館駅の交通手段函館のフェリー乗り場から函館駅に行くには直通バスが有るようですが、本数が少なく時間が合いませんがフェリー乗り場からでは無く少し歩いて大通りに出てのバスは無いのでしょうか?少し歩いて行きバスが有るのでしたらどこの辺から有るのでしょうか?補足津軽海峡フェリーになります。

函館フェリー乗り場からといっても・・・・「青函フェリー」ですか、「津軽海峡フェリー」のどちらでしょうかね・・・?両方はかなり離れているのでね。

津軽海峡フェリーになります。>七重浜駅まで歩いて列車利用じゃ駄目ですか?
確か20分位で歩けたと思ったけど…。>

函館から青森まで行きたいのですが

函館から青森まで行きたいのですがフェリーと電車どちらを使えばどれくらい安く行けるでしょうか?青森ですることは1時間もなく済むと思います。
またその日の午後あたりから仕事が入ると思います。
夜中に函館出て朝青森に着くみたいな感じでいいのでおしえてください!調べてもよくわかなかったので質問しました。

・函館駅⇒青森駅・・・4970円・青函フェリー大人料金(12歳以上)1690円で約4時間(1日8便)*津軽海峡フェリーは最安値で2220円で1時間30分(1日2往復)<青函フェリー夜間発着時刻>・・・函館港22 ブルードルフィン 20:15 ⇒23:55 24 びなす 22:05 ⇒翌1:45 26 えさん2000 23:50 ⇒翌3:40 *青森着後時間調整を考えないといけない。
<青函フェリー早朝発着時刻>・・・函館港4 ブルーマーメイド 3:10 ⇒6:50 8 ブルードルフィン 7:40 ⇒11:20 *3時10分発では時間調整が必要。

北海道と本州を結ぶ道路はなぜないんですか?

北海道と本州を結ぶ道路はなぜないんですか?フェリーと新幹線の運賃の収益が減少するからですか?

単純に建設費と工期の費用対効果、の問題です。
地下トンネルだったら換気の問題があるため建設はほぼ不可能、青函トンネルは電化されている&走行用エンジンは起動禁止と言う規制がある。
橋だとしても、現在の技術では橋脚スパン20kmの橋は建設不能。
技術の超進歩で作ったところで、いったい年に何日通行できるか(主に風と霧の問題)。
こんなんじゃ橋やトンネルを作らずにフェリーにしたほうが効率的。
ついでに危険物の輸送はどうするか、事故が起きたらどうするか、という問題も両方にあります。
首都高と違って事故ったりしたら大惨事、建設費と同じ額がまるまる修理にかかるため事故を起こした会社とそこの労働者は全員破産。
ちなみに青函フェリーには「危険物輸送車指定便」というものがあります、最悪の場合には船ごと航路から外れて自爆?

下のtakuminとeinssoya_0308は偉そうだな…。一体いくつなんだか…。>考えてみろw
大荒れの津軽海峡に橋かけようとしても無謀なことだからな?w>フェリーだとまずい理由があるのあ?誰にでもわかりやすくはっきりと、簡潔かつていねいに説明しなさい。
君自身の私財で津軽海峡にかかる橋を作れるのか?冬場の保守点検は君自身だけの力でやりなさい、なら真冬の津軽海峡に足を運んでからいちゃもんをつけたら?違うかね?>北海道も青森県も消極的だから。>自動車がガソリンという可燃物をエサにして、かつ、線路と言う固定物の上を
走る鉄道と違って左右自由に進路を変えられるシロモノである以上、自動車用
青函トンネルは造られないでしょうね。

自動運転自動車といっても、運転者がシステムをOFFにしてしまえば元の木阿弥
ですし。
センサーで識別する方法だけでは、完全自動のクルマは無理ですから。全車に
人工知能でも積まないと。>

フェリーの料金について・・・。

フェリーの料金について・・・。
以前、私はバイクで函館~青森、大間など乗船してました。
最近、年齢も加わり、車の移動を考えていますが・・・。
車両のフェリー代金が異常に高い?気がするのは私だけでしょうか?わずか42キロ?位の距離に片道2万円とか?高くないでしょうか?往復4万円ですよね~???これでは、車を移動利用するより、レンタカーでも借りた方が格安のような?気がしますが??また、一説には料金は各社が独自ではなく、国交省が決めてる?との話。
道外で例えば四国、九州など本州航路も同じく高額運賃なんでしょうか?もっと安くして、普段は安く、休日等は少し割り増し?など?出来ないのでしょうか??以前、平日にバイクで乗ったら?ガラガラでよく?これで運行できるな?と、感心?呆れたことがありました。
フェリー会社はどんな料金設定?なのか知りたくて質問です。

理由は知りませんが、津軽海峡横断フェリーは運賃が割高な事は確かです。
4~5mの乗用車で比較すると、津軽海峡フェリー 20000円青函フェリー 16050円秋田~苫小牧 新日本海フェリー 17900円新潟~小樽・苫小牧 新日本海フェリー 20900円仙台~苫小牧 太平洋フェリー 25500円ちなみに、113kmの青函とほぼ同距離の神戸~高松(119km)ジャンボフェリーでは、4990円です。
フェリーの収益源は、大型トラックですから、貨物の需要が多い区間は安くなります。
北東北~北海道の貨物需要が少ないことが、割高の原因の一つでしょう。
あとは自然条件の厳しさでしょう。
例示したジャンボフェリーは、安全に影響はないかと思うほど、乗組員が少なく、一人で何役もこなしています。
こんな体制で津軽海峡を運航したらすぐ沈むでしょう。
ジャンボフェリーは数年に一度は、故障で漂流をしてますが、瀬戸内海ですから大事には至っていません。
なお、フェリーの運賃は、船会社からの申請に基づき、国が認可しています。
高すぎる申請は国が認めません。

長距離であれば船も大きく、定期的な大型貨物の搬送で経営が成り立ちますから、相対的に運賃も安くなります。一般客はついでに乗せるから安くなるということもあります。
青函航路は物流の主流ではありませんから割高です。高くても利用しなければならない、という利用者で成り立っていますので、他の航路が利用できる人は使わないのです。

新日本海フェリーの秋田-苫小牧東航路は航路の長さは比ではありませんが、津軽海峡フェリーの青森-函館航路より安いです。
シルバーフェリーの苫小牧-八戸と、太平洋フェリーの苫小牧-仙台も航路の長さがかなり違いますが運賃は大きくは違いません。

以前は直江津-岩内、室蘭の東日本フェリーがあって、日本海の長距離航路の運賃も競争で太平洋航路よりはかなり安かったのですが、東日本が倒産してから日本海も太平洋もあまり差がなくなりました。

太平洋フェリーで閑散期のインターネット早割予約ならかなり安くなります。これも、貨物がメインですから一般客は空いているなら安く乗せても経営には影響ないということもあるでしょう。>青森~函館間は車両を陸路で輸送する方法がないことから強気の料金設定です。
車両長さによっては平行する青函フェリーのほうが安くなります。
http://www.seikan-ferry.co.jp/price.html

瀬戸内海のフェリーは橋と対抗せねばならないため、料金を安めにせざるをえません。
区間に応じてその競争力や運行経費で決められるので一概にどの航路も同じというわけではありません。
本州対四国のフェリーも橋が出来る前は強気の料金設定でした。

平日や閑散期を安くしてもその割引分を上回るだけ客が増えないのなら値引きする意味はないですよね。>

青函連絡船って乗り換えたんですか?

青函連絡船って乗り換えたんですか?青函トンネルが出来る前 青函連絡船に乗るのには 1度電車降りて 船に乗り換えたんですか?それとも電車に乗ったまま 電車ごと船に乗ったのですか?

駅舎に繋がる階段、跨線橋の反対に、青森桟橋に繋がる階段と跨線橋があり、そこを通って青函連絡船と乗り換えました。
つまり、連絡船乗り換え客は、青森で下車し、ホーム前方(海の方)へ移動して、桟橋を通って乗り換えていました。
航送される車両には、基本的に人は乗れませんでした。
大型フェリーでも、積載された車には人は乗れず、出航後は車両甲板は閉鎖されますが、これと同様です。
私は、青函連絡船の廃止前年に、1度だけ兄と共に乗りに行きました。
寝台特急ゆうづるを下車すると、雪のちらつくホームを、大挙してホーム前方に移動する人の群れが印象的でした。
不便だけど、格段に旅情はありましたね。

列車ごと船に乗ったり、乗り換えたりです。>青函連絡船の他、宇高連絡船(岡山県宇野港と高松港)もあり、本州と北海道・四国をつなぐ一大幹線でした。

貨物列車は時間をかけてもいいので貨車航送は行われましたが、客車を船に搭載するには時間がかかりすぎるので行いません。
長い編成の客車を数両づつ分割し、船に乗せ、また目的地でつないでいればどれほど時間がかかるか、その時間、ふ頭を占領しますし、非効率です。

郵便と小荷物を積んだ客車の航送はありましたが、宇高連絡船の紫雲丸事故以降は廃止されました。

青森駅函館駅に着いた列車からは、大きな荷物を担いだ乗客が、船内(4時間余)でいい場所を取ろうと急ぎ足で駆け込みます。接続時間は1時間以内です。

逆の場合は半日~1日(札幌や上野まで)かかる汽車旅ですからもっと 悲惨です。連絡船が港に着くと自由席の客は、一斉に駆け足で座席を取りに行きました。

宇高連絡船では座席取りがことに激しく、宇野駅の長いホームを心臓破りの駆け足をやってました。>過去には車両ごとの輸送はありました。洞爺丸台風の反省で即刻中止。その後は旅客輸送としては行われていません。なお青函航路開設直後はどちらにも港が満足に無かったので艀連絡でした>列車ごと船に積むのは「貨物列車」だけです。
乗客は、乗換え桟橋を歩いて、船に乗ったのです。>https://www.youtube.com/watch?v=aIX_c2ABXKM

鉄道連絡船っていうのは、
船の法律によって「乗船名簿」を作らなければなりません。
ですから、乗り換えたのです。

フェリーだって、貨物室(=車の中)にいることは
移動中は入室できないことになっています。>

函館旅行に行きます。
いろいろ教えてください。

函館旅行に行きます。
いろいろ教えてください。
函館の青函フェリーおりばに午前中に到着します。
その足で、函館市場に行き、海鮮丼を食べたいと思っております。
車は青森に置いて行きたいので、フェリーからは足がありません。
バスとかを使用したいのです。
その時の交通機関のよい乗り物や、函館市場への移動時間教えてください。
函館市場が終わりましたら、函館山付近の宿泊施設の予約を取りましたので、函館市場からの移動の交通機関を教えてください。
できれば、路面バスに乗ってみたいので、路面バスを私たちの移動の中に取り入れてくださるようなプランがあれば教えてください。
帰りは函館山から、まっすぐフェリー乗り場に行きますので、その時の移動交通機関、お時間教えてください。
どうかよろしくお願いいたします。

函館側の「青函フェリー」と「津軽海峡フェリー」(旧「道南自動車フェリー」「東日本フェリー」)の乗り場は離れているのでお間違いなく!青函フェリーのターミナルは函館バス ”港” バス停が最寄りです。
(JR五稜郭駅からも1300mほど)このバス停を通って ”函館駅前” まで行く路線は、「2・101・111・132系統」と意外と多いですが、函館山麓まで乗換無しの路線は無いようです。
路面バスって路面電車(市電)のことですか??市電は勿論 路線バスも観光の足に欠かせませんから、バス車内で「1日乗車券(1000円)・2日乗車券(1700円)」を買って行動開始するのがベターです。
函館市内の路線図・時刻検索(携帯版あり)は↓を参照願います。
http://code0138.hp.infoseek.co.jp/bus/rosen.gifhttp://hakobus.jp/index.php

宮城県古川?札幌 フェリーについて教えてください。
よろしくお願いします。

宮城県古川?札幌 フェリーについて教えてください。
よろしくお願いします。

質問が中途半端すぎるよ。
一体何を聞きたいのですかね?フェリーをどこから乗るかで行けば仙台港から苫小牧の太平洋フェリーか、八戸まで走っての苫小牧までのシルバー・フェリー、陸路を多く取りたいと言うのであれば大間から函館・青森から函館の津軽海峡フェリー、青森から函館までの青函フェリーと言う事になりますが・・。
苫小牧から札幌であれば拘束で1時間少々、函館から札幌となると高速利用で約5時間と言うことになりますよ。
後はフェリーの時間に関してはネット環境にあるのですからHPで見るようにしてください。

拘束ではなくて高速ですのでね・・・変換ミスでした。>次のHPを見てください。
北海道と本州を結ぶ長距離フェリーは、それしかないので。

北海道~本州間フェリー(長距離)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/bkk/longf.htm>

今月の31日の始発に乗って東京から東北まで青春18で行こうと思っています。
帰りは1…

今月の31日の始発に乗って東京から東北まで青春18で行こうと思っています。
帰りは1月の3日で、飛行機か新幹線の最終で帰るつもりです。
途中仙台や盛岡で観光しつつ青森まで行くのが理想なのですが可能でしょうか。
最悪岩手県で第三セクターの私鉄に乗っても構いません。
また青森まで行ける場合でもそこからさらに函館まではさすがにきついでしょうか。

上野を始発で出て青森まで、IGR&青い森を自腹で横断したとしても、青森着は21:07です。
最終までの余裕は2時間ほどです。
盛岡~青森は5480円です。
盛岡16:11着、青森行き高速バス17:50発→20:34着(3300円)もあります。
新幹線の新函館北斗行きは、新青森20:42と22:32があります。
津軽海峡フェリーは22:25、青函フェリーは23:30の函館行きがあります。
もちろん函館着は真夜中です。
ちなみに、上野6:04の常磐線で、常磐線経由で仙台、IGR・青い森経由で青森22:06という経路もあります。