青函フェリーってありますがインターネットでクーポン券を見つけたん…青函フェリー

青森から1番安く函館に行く方法は電車とフェリーどちらでしょうか?

青森から1番安く函館に行く方法は電車とフェリーどちらでしょうか?

青森~函館間のフェリーは津軽海峡フェリーと青函フェリーの2航路があります。
安いのは青函フェリーで、6月末までの旅客運賃は片道1840円です。
(7月以降の運賃は未発表)往復の場合、帰りが1割引になります。
www.seikan-ferry.co.jp/index.html

同じ投稿は、しないで下さい!>

8月14日に三重県に行きたいです。

8月14日に三重県に行きたいです。
函館から出発して三重県に行くにはどの交通手段が格安でしょうか?行き方、金額など知りたいです。
ちなみに ひとりで行きます?

三重県は、どちらでしょうか。
三重県は、非常に広いです。
北は、愛知県の隣りの長島駅南は、和歌山県の隣りの鵜殿駅西は近鉄名張駅、東は、鳥羽市、近鉄賢島駅と、三重県は、広いです。
三重県の目的地は、伊勢神宮でしょうか。
三重県の各地に、それぞれ、高速バスが走っていて、近鉄電車も走っていて、三重県南部は、(鵜殿駅など)JR紀勢本線が走っています。
目的地が分かれば、それぞれの交通期間で紹介できるのですが。
●函館からフェリーに乗るのが、一番安いでしょう。
高速バスの乗り継ぎだと安く行けます。
●フェリー青函フェリー函館港8:10↓青森港12:10●高速バス「ブルーシティ号」JR青森駅前14:40↓仙台駅前宮城交通仙台高速バスセンター19:30◆高速夜行バス「青葉号」仙台駅前宮城交通仙台高速バスセンター21:30↓名鉄バスセンター6:50◆伊賀市方面行き名鉄バスセンター8:45↓伊賀鉄道上野市駅前10:22◆三重県南部方面行き名鉄バスセンター8:10↓尾鷲市病院前10:54熊野市駅前11:23三交南紀(山崎)11:30阿田和駅前11:43紀宝町11:53↓和歌山県新宮駅前行き◆松阪、伊勢市、伊勢神宮、鳥羽市方面は、近鉄電車が便利です。
●運賃・函館-青森間のフェリー青函フェリー2等1540円・高速バス・「ブルーシティ号」青森-仙台片道6000円往復9800円・「青葉号」仙台-名古屋片道7000円~11000円期日によって運賃が変わります。
・名古屋-上野市駅前片道1850円・名古屋-三重県南部方面名古屋から尾鷲市病院前2500円熊野市駅前3000円三交南紀3000円阿田和駅前3500円紀宝町3500円

具体的に質問しなさい。
「三重県」も南北に広い。
「桑名市」「名張市」「熊野市」で全く変わる。

逆にあなたが「北海道に行きたい」と聞かれたらまず「北海道の何処ですか?」と聞くんじゃないのか?
北海道だって「函館」「札幌」「稚内」「根室」じゃ全く違うでしょう?

そもそも遠隔地である三重県に来るのに格安と言うのは無理のある話で。しかも1か月切ってるでしょ。
遊びで来るのであれば予定を立てるのが遅すぎ。>三重県への交通アクセス|観光三重(かんこうみえ)|三重県(伊勢・鳥羽・鈴鹿・津・伊賀・松阪など)の旅行情報はここ!
https://www.kankomie.or.jp/traffic/

三重県には空港が無いので、中部国際空港か関西空港を利用することになると思いますが、函館空港からだと1日に1便あるかどうか。ご検討されたし。>悪ふざけともとれますね
全く自身で何もしないし
目的地がアバウトすぎ

全日空な株主優待券買って
函館空港~中部空港(セントレア)
全日空の株主優待運賃で。
(全日空のサイトで運賃出ます)
そこから船やバスで三重に着きます>時期によりますが函館から飛行機で関空に到着。それから難波まで出て近鉄電車で行くのはどうでしょうか??私は大阪に住んでいてこの方法で三重に行ったことがあります。近鉄電車1日乗り放題みたいなチケットがあったと思います。>

函館と青森を結ぶフェリー、青函フェリーがありますが青函フェリーには乗客が利用…

函館と青森を結ぶフェリー、青函フェリーがありますが青函フェリーには乗客が利用できるコンセント差込口はありますか?

青函ふぇりー船内には一応コンセント差し込み口が休憩室(客室)や自動販売機コーナーなどにはあります自由に使えるかは問い合わせるのが確実ですが 他のフェリーでは問題ないので使用できるとは思いますよ

初めに、カテ違いの質問。
きちんと、「フェリー」のカテゴリーがあるので、
本来はそちらに質問するべき。

ja_goodproの回答も、おかしい。

>津軽海峡フェリーにお問い合わせください。
>http://www.tsugarukaikyo.co.jp/
>このリンクにお問合せ先があります。

青森-函館のフェリー会社は、
「津軽海峡フェリー」のみではないので。

別に「青函フェリー」という会社も就航している。
まったく違う会社だから、別会社のことを問い合わせても笑われるだけ。

「青函フェリー」については、コンセントはつかえないと思った方がよいです。
あくまでも、トラックやトレーラーの輸送が主力のフェリー会社なので。

船内の客室は、基本は「カーペット敷き」です。
3月に就航する新「はやぶさ」から、椅子席を設けるのです。
売店などが無いのでそのようなサービスは、期待しないでください。

青函フェリー
http://www.seikan-ferry.co.jp/>津軽海峡フェリーにお問い合わせください。
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/
このリンクにお問合せ先があります。>

フェリーの入港、出港時を見るのが好きで青函フェリーを見に行く事がありますが、…

フェリーの入港、出港時を見るのが好きで青函フェリーを見に行く事がありますが、ふと気づいた事で質問します。
着岸時に係留ロープの先を発射してますが、あさかぜ21はエア圧で飛ばしている様な「パシュッ」という音ですが、他のフェリーは「パンッ」という破裂音で、しかも音も大きめです。
この構造を大雑把で良いので教えてください。
よろしくお願いいたします。

どちらも同じ空気(エアー)圧を利用した物です。
専門用語!?と云えるか分かりませんが、シュートガンと呼ばれてます。
私は学校でそう習いました・・・。
実際私の職場(船)でも使用してますが、これのメーカー、構造に縒って、発射した時の音には違いがあります。
音の大きさに因って、飛距離に大きな差が有る訳ではありません。
でも長年使用していると、銃口部と弾丸部の間に少なかれ隙間が生じて来るので、それが原因で発射音が違ってくる事もあります。

1月1日に有効な青森?函館の乗車券を持っていたら、無料で青函フェリーに乗れます…

1月1日に有効な青森?函館の乗車券を持っていたら、無料で青函フェリーに乗れますか?数年前、池袋駅の工事で埼京線が不通になった時は、JRの乗車券で東上線に乗れました。
補足フェリー会社に振り替え依頼ができない理由があるのでしょうか?

振替輸送ではないので、乗れません。
大規模工事による普通列車の運休の場合は、各社間で取り決めして振替輸送やバス代行などを行いますが(今回も普通列車の一部でバス代行を実施)、フェリー会社への代替輸送の依頼を行ってませんので、フェリー運賃や乗り場までのバス・タクシー運賃はすべて実費になります。

補足を受けて追記フェリー会社とJR北海道との間で、不通時に代替輸送を行う取り決めをしてないからでしょう。代替輸送による会社間での精算が必要になり、経営環境の厳しいJR北海道にはそこまで手が回りません。>乗れません。
JRからフェリーへの「振替輸送自体が実施されません」。

そもそも、有効期間に1月1日を含む“海峡線を経由する乗車券”は、
購入時に窓口係員から『1月1日に海峡線は利用できない』旨の確認があり、旅客はそれに承諾している筈なので、他社への振替は受けられません。(券面に“不通特約”と書かれ、払い戻しも旅客都合での払い戻し=手数料が掛かります。)

自動券売機で購入した等の理由で“不通特約”になっていない乗車券類は、無手数料で払い戻しを受けることが出来ますが、フェリーに振り替えて貰うことは出来ません。>できません。
あらかじめ運転見合わせ時の際の手順を取り決めている首都圏の各社局と同じに考えてはいけません。>今書いている前に、JRが発売を止めている(=発売日は12月1日)なので、告知しているし、フェリーは天候や波の高さによって、左右されるので乗れるわけがありません。

首都圏などのケース(例:不発弾処理や工事での運休など)は、予め他の鉄道会社などに協力してもらわないと、大混乱になるので、その分を負担できることが検討できます。

鉄道航路は青函トンネルができた時に廃止されているので、再び再開させるには別の手続きをしなければなりませんし、函館駅自体、再び駅から桟橋に向けて線路を引くことはできない上に、先に述べたとおり、天候を左右されやすいフェリーの保証はできないので、発売を止めるように予告しています。
また、青春18きっぷでも有効であっても、その期間分先延ばししないように付け加えています。>運休案内ポスターに振替輸送の文字が無く旅行中止を含む旅行日程変更、フェリーや飛行機の利用をと書いてるから無理と思う。>

カーフェリーで夏に北海道行きを計画しています。
柴犬を車に乗せて行くことは、可…

カーフェリーで夏に北海道行きを計画しています。
柴犬を車に乗せて行くことは、可能でしょうか。
車の中に乗せておくなら可能でしょうか。
気温は暑すぎないでしょうか。
青函連絡船で朝一番なら涼しいうちにつけますか。
日本海フェリーは乗せたことのある方はいますか。

犬を車に乗せておくことはできません。
津軽海峡フェリーや青函フェリーはありますが青函連絡船というのはもうありません。
津軽海峡フェリーはペット乗船可能です。
小型犬(幅44cm×奥行61cm×高さ51cmのケージに入る大きさ)です。
新日本海フェリーについてはQ&Aを転載します。
Q 犬がいるのですが、一緒に乗船できますか?A できます。
船内ペットスペースにケージがございますので、お預かりいたします。
数に限りがありますので、必ずご予約ください。
ケージの大きさはH67×W57×D90(cm)です。
ケージに入らない大型のペットはお預かりできません。
Q ペット料金はかかりますか?A かかります。
受託手荷物運賃を申し受けます。
Q 大型犬がいます。
ケージに入らないので、車に入れておいてもいいですか?A できません。
航海中、車を止めてある車両甲板は、立入禁止になります。
食事、トイレなどが行うことができませんので、大型のペットはご遠慮ください。
Q ペットに食事はあげられますか。
散歩はできますか?A 食事は、船内案内所の営業時間内にお客様ご自身で行っていただけます。
すずらん、すいせんのドッグフィールドを除き、散歩スペースはございませんのであらかじめご了承ください。
(※ドッグフィールドご利用期間 4月~10月。
荒天時は閉鎖する場合がございます。
)ペットとは別ですが家畜運搬なら専用の車両で最低限の世話はできるものと思います(もちろん許可付で)。
車両甲板でたまに牛の鳴き声がすることがありますが時々餌はやっているでしょう。
大型船の車両甲板は夏でもひどく暑くはなっていません(下部の車両甲板は海水で冷やされるからかな)。

先ず!新日本海フェリーには、動物を預けられるオリがありますので、そちらに預けましょう。
エアコンかけて、車に乗せたまま何て、ダメですよ。
それに、船が動いたら車内へは立ち入り禁止になります。

↓コイツはカテゴリーマスターの癖に真面目に回答しない悪質利用者です。>日本海フェリーというカーフェリーはないので、新潟や舞鶴などから出る新日本海フェリーでしょうか?

犬を乗せて乗った事ないですが、7月に小樽→舞鶴で乗船したとき、車に取付けた温度計の記録では、最低が15~6度、最高が40度台の後半でした。

ご承知かと思いますが、航海中は車には戻れませんよ。牛とか馬を運ぶトラックなら、最低限の面倒をみるために船員付き添いで戻ることはできますが、ペットルームを使わないペットの面倒を見るために船員は付き添ってもらえないでしょう。>

青函高速フェリー「ナッチャンRera」「ナッチャンWorld」

青函高速フェリー「ナッチャンRera」「ナッチャンWorld」1・運行を休止との事ですが、休止と言う事は、復活の可能性はあるのでしょうか?(原油の値も下がってきていますので、近々復活と言う事は・・・?)・2・リース、または売却されるとの事ですが、他会社での運行になった場合、船名はどうなるのでしょうか?3・運行休止日まで、あと10日を切りましたが、鉄道の廃止前日のように、やはり最終日にはフィーバーになるのでしょうか?3つ質問させて頂きました。
推測でも結構ですので、よろしければ回答の程宜しくお願い致します。

速効回答発動!1復活の可能性はほぼゼロです。
引き受け手がいません。
海外ならこの手の高速船は需要が高いので高値で売れるでしょう。
2船名は多くの場合変更されます。
「なっちゃん」という日本の個人名が入っているので船名が変更される可能性はほぼ100%でしょう。
3最終日まで空席いっぱいですよ。
在来船が引き続き残りますから。
いまならフェリーターミナルでナッチャングッズが5割引きで投げ売りだそうです!

函館~青森 車輌運賃 片道2万円について

函館~青森 車輌運賃 片道2万円について車をのせると偉く高くなてしまいますが青函フェリー東日本フェリーの2つがありますが2万以下 できれば5000円ぐらいにしたいですが何か安くする方法ってあるでしょうか?

本当に安くする現実的な方法としては人間のみフェリーで渡り渡航先の町で可能な限り格安のレンタカーを借りるしか有りません。
それでも渡航先で半日程度のレンタルで軽自動車等の利用となります。
それでも最低7千円以上は掛かる見込みです。
現実的には色々と見て1万円程でしょうか。
数日もレンタカー利用だと車両搭載の方が安くなって来ます。
私も多い時は毎月の様に北海道から本州に車で渡る事が多いのでフェリー車両搭載料金は馬鹿に出来ません。
特に函館~青森でしたら割高に感じてしまいます。
同じ料金で小樽新潟間(新日本海フェリー)に乗れてしまうからです。
勿論、フェリー会社の都合も有り色々と事情も有ると思うので一概に距離と料金は比例しない、と理解はしているつもりです。
仮に時間が掛かっても良く、出発地が苫小牧近辺、或は秋田近辺でしたら新日本海フェリー・寄港便に乗船されたら1万7千円です(期間A・5m未満車)余談ですが3千8百円加算で1等個室のリッチな船旅も楽しめます。
津軽海峡フェリーで現実な方法ですとインターネット予約。
或は往復乗船で2週間以内の復路利用で夫々10%割引が適用されます。
(インターネット予約と往復割引の同時適用は出来ません)青函フェリー利用ですと津軽海峡フェリーよりお安くなり往復割引を適用すると津軽海峡フェリー同様、復路が1割引です。
従って車両搭載で挙げられた航路で安くするとなれば青函フェリー利用で往復割引を利用されるしか有りません(往復33535円・現在設定料金)尚、津軽海峡フェリー大間函館間で往復割引が適用されたら往復30400円で最も安価設定になりますが大間青森間の移動は馬鹿に出来なく3千円の料金差は燃料代だけで消えます。
(何れも5m未満車両で2等船室利用と算出しています)車両搭載で少しでも安くされるのでしたら青函フェリー利用で往復割引を利用されるしか有りません。

正しくは、青函フェリーと津軽海峡フェリーの二社ですね。
津軽海峡フェリーは乗用車2万円、青函フェリーは乗用車は長さ毎に変わりますが5m未満で17650円。
車長によっては青函フェリーが安い場合もあります。
http://www.seikan-ferry.co.jp/price.html

また、大間~函館の津軽海峡フェリー「ばあゆ」を利用すれば16000円。
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/fare/fare_route3/
これが最安値でしょう。

下北半島の先端、大間まで陸路で走ることになりますから、ガソリン代、疲労、時間を考えると大したメリットはありませんが。
「ばあゆ」は原則1日2往復ですので場合によっては相当待ち時間が発生することも頭に入れておくべきでしょう。

5000円はいくらなんでも無理です。
どうしても安くしたいのなら、車で行くべきかどうかから見直す必要がありますよ。>結論から云えば無理です。車両が無いのであれば、1名1650円です。
フェリーは車両の大きさ、重量、航行距離で運賃を決めています。
勿論、国土交通省で認可された運賃です。往復割引等有りますが、
5000円は不可能です。人間1名70キロの体重として1650円ですから
車両1台を1トンとして計算してもとても5000円は算出不可能です。
車両を貨物扱(無人航行)でも車両重量分はきっちりと請求されますし、
上下船の手数料も加算されます。

青函(青森~函館)はフェリー乗船で、到着地レンタカー等で・・・・
以前は、JR貨物に乗せる方法も有りましたが現在、やっているかは不明。
それでも2万以上だったと記憶しています。

逆に5000円で車両、ドライバーが合法的に乗船する方法が有れば知りたい。
仕事で月3回は使っていますので・・・・勿論、乗用車5メートル以下です。>車を売って、750cc以下の自動2輪車に乗り換えたら、青函フェリーなら2輪車本体3300円、運転者1名1650円の4950円ですよ。

5000円って、これぐらいしか方法がないですね。

青函フェリーなら4~5mの乗用車で17650円ですよ。津軽海峡フェリーに比べるとかなりボロいですけど。

なお東日本フェリーは潰れて、津軽海峡フェリーが引継いでます。>

12日終日運休と表示されていた函館発青森行きの青函フェリーは、動きましたか。
積…

12日終日運休と表示されていた函館発青森行きの青函フェリーは、動きましたか。
積み残しのトラックは多いですか。

津軽海峡フェリーニ乗ってたものです。
地震が起きる前に、出港したのであればもう青森には着きました。
しかし、まる1日フェリーでしたがどこのフェリーも2日間ぐらいうごかなさそうです。
仙台から受験しにきたんですが、陸海空が不通ではやく開通してほしいです。

青函フェリーってありますがインターネットでクーポン券を見つけたんですけど

青函フェリーってありますがインターネットでクーポン券を見つけたんですけどそれって何人でも大丈夫なんですか?

何人乗っても大丈夫ですよ100人乗って大丈夫?この会社は貨物中心です。
徒歩客は少ないです。
団体割引がないかも

電話で会社に聞いてください。

青函フェリーのインターネット割引クーポン券は、
「電話予約(電子メールでの予約不可)」でのみ利用可能で、
そのときに、いろいろと問い合わせすればすむことです。

青函フェリー 割引クーポン
http://www.seikan-ferry.co.jp/coupon.html>