今月末トラックで北海道にいきます。東北道→青函フェリー→函館→札…青函フェリー

札幌雪祭り期間の観光についてお聞きします。

札幌雪祭り期間の観光についてお聞きします。
来年の2月に、北海道・青森旅行を計画しています。
見たいものは、主に雪祭りとはまなす廃止記念乗車・旧大湊鎮守府です。
期間は2月4日~8日の4泊5日を予定しています。
移動はすべてタクシーと公共交通機関です。
1日目は朝8時関空発のジェットスターで移動し、小樽で観光して泊まります。
2日目は後札幌へ戻り、雪祭りを見てはまなすに乗車、車中泊します。
3日目は青森駅から大湊へ移動し、軍港と恐山を見て青函フェリーで函館泊。
4日目は函館観光をして、苫小牧へ移動。
苫小牧泊。
5日目は苫小牧の友人宅へ挨拶、その後名古屋行きフェリーで帰路に。
そこでお聞きしたいのですが、1.さすがにこれは詰め込みすぎでしょうか。
削るべきところが有れば教えて下さい。
2.札幌・函館市内のお勧め観光地を教えて下さい。
3.私は本土用の冬服しか持っていないのですが、北海道用の服や靴は必要ですか?4.移動の際にお得な乗車券などが有りましたら教えて下さい。
以上の4点に詳しい方、よろしくお願いします。
補足ベストアンサーですが、一番早く、また色々詳しく回答されたpinsokukeppp2005さんにしたいと思います。
ありがとうございました。

1.三日目 恐山はGW中~10月末までが開山期間です。
冬季は閉山の為観光は不可です。
下北半島冬季ですしレンタカー利用等の検討が無いと移動に無理があります。
大湊まで行かれて戻って青森からのフェリー?だとしても往復の移動にかなり無駄が生じますよ。
大間港~函館港だったとして青函フェリー大間港~函館は船舶が小さい事もあり、比較的欠航もありますので欠航すると青森港~函館港の移動を余儀なくされる場合も多いのでこの案は余裕がないとかなり厳しいかと思います。
この計画だと青森~大湊行きの下北半島観光は外されたほうが無難。
青森~大湊含む下北半島は出来れば5月下旬の菜の花の頃~10月末位までの観光で青森十和田湖、奥入瀬渓流、弘前などと合わせて組まれたほうがいいのでは?と思います。
四日目予定の函館観光を三日目に持ってきて函館もしくは湯の川温泉宿泊四日目は午前中函館滞在。
移動して苫小牧宿泊が無難だと思います。
2、函館観光をもっと充実させて巡られてはいかがでしょうか?http://www.hakobura.jp/教会群、坂のある風景は勿論、湯の川温泉など宿泊もいいでしょうし、函館周辺に宿泊をして夜景もご覧になられてはいかがでしょうか?また函館山は日中も眺めが素晴らしいので比較なさってもいいでしょう。
赤レンガ倉庫群などの観光。
足を延ばされて五稜郭、トラピスチヌ修道院などもいいでしょう。
さっぽろ雪まつりサイトが上がってきていますので貼って起きます。
http://www.snowfes.com/3.本土用の冬服とのことですが、関西方面の方ですとかなり寒く感じる事でしょう。
厚手のダウン類の中にヒートテック類などを上手に着こむ事とネックウォーマーや厚手のマフラーストール系、手袋、帽子類は必須です。
雪まつり等の見学は夜もなさるかもしれませんよね。
また函館の夜景などの見学なども検討されるかもしれませんので、温かくなさったほうがいいでしょう。
道内は本州と異なりホテル内室温の気温と外の気温差が素晴らしくありますので、脱ぎ着で対応するのが一番ですよ。
また靴は出来ればスノトレ類があるといいでしょう。
関西方面でもアウトドアショップなどで購入できます。
難しい場合は新千歳空港内でも冬季は販売があったりしますし、最悪札幌で購入も検討されるといいでしょう。
中途半端な靴で行くと足先の冷えでかなり苦しみますよ(^_-)-☆

恐山が冬期閉山だとは知りませんでした。青森旅行はまた次の機会にしたいと思います。そのほか色々と教えて頂きありがとうございます。>青森と苫小牧を外すだけで、スケジュールが楽になるかと。
苫小牧のフェリーは不便な場所にあるからね。>冬の津軽海峡は荒れて欠航が出る場合があります。
大間に行っちゃうと厳しいのでは。
恐山もバスは冬季運休です。春までは閉山しています。

函館から早朝便で大間に渡り、大湊、むつ経由で青森に行き、
函館に戻る方がリスクが少ないのでは。どちらにしても恐山は無理ですが。

細かい観光は自分で検索 函館山の夜景は見ておいた方が。

服装、外は防寒をきっちり、室内は熱いくらいの暖房なので汗をかくので注意
靴は滑り止めは必ず。地元の靴ではほとんどダメ。
札幌に着いたら雪靴を買って履き替えるのが一番。>

北海道新幹線が開通していますけど、

北海道新幹線が開通していますけど、青森から函館まで今でもフェリーで行くことは可能ですか?

可能です。
「津軽海峡フェリー」と「青函フェリー」が就航しています。

クルマはフェリーでしか運べません

本州と北海道では6社かなフェリーが有ります

8便運航>

大昔、北海道新幹線どころか、青函トンネル自体がなかった時代の青函連絡船は夜行…

大昔、北海道新幹線どころか、青函トンネル自体がなかった時代の青函連絡船は夜行便が一番人気があったそうですが、今も同じ区間に就航するフェリーの時刻から考えますと、深夜や早朝の乗り換えが発生してしまい、ものすごく疲れるように思えます。
あるいは夜行便だけは時間を調整して8時間くらいかけて津軽海峡を渡っていたのでしょうか。

夜行便が最も人気があったわけでなく、ローカル需要がゼロの時間帯だから本州と北海道の間を国鉄で移動する人の動きのバロメーターになっていただけですよ。
東京から北海道へ鉄道移動する人の多くは、東北本線で夜行列車を利用スタイルが多かったです。
これは質問者様が指摘するとおり、連絡船の夜行便だと深夜と早朝に乗り換えが発生するためこれを避ける人が多かったようです。
青函連絡船は「ネットダイヤ」が組まれていました。
これは鉄道の場合、等速の列車が同じ所要時間で一定区間を等間隔で頻繁に往復するダイヤです。
このようなダイヤでは上下列車がすれ違う場所は必ず同じで、前の列車が出てから次の列車が出るタイミングも同じです。
このネットダイヤによる運行で有名だった区間は、急勾配のため特殊な運行をしていた信越本線の横川~軽井沢間でしょう。
青函連絡船は船舶航路でしたが、鉄道のダイヤ設定の知見からこのようなダイヤが組まれたわけです。
どの船も片道3時間50~55分、両桟橋での停泊時間は55分、1日1隻2往復半運行というパターンでした。
このようなネットダイヤが必要だった理由は、航路にすれ違い不可能なポイントがいくつかあったからです(青森や函館の港内や防波堤周辺)。
このすれ違い不能なポイントですれ違いが発生しないよう調整するには、特定の便だけ速度を変えたりするのはまず不可能です。
だから、夜行便だけ時間を掛けるなんてことは出来ませんでした。

上の発の夜行列車降りた時から青森駅は~との歌があるでしょう。>連絡船は夜行便も所要3時間50分で運航してました
今の時代の特急列車と違い
リクライニングもしない4人掛けのボックスシートでも特急ですし
ブルートレインにしてもB寝台が3段ベッドが主流で
古い客車だと肩幅スレスレの狭い寝台もありました
それゆえにいかに金をかけずに熟睡できる部分でいうと
連絡船の座敷席で雑魚寝するのが一番でした>こんにちは、

昔はね、東北道も高速道路も無くて、東京や関西から北海道に行くには、鉄道か飛行機しかありません。

大阪、京都を10:00ごろでて青森に「白鳥」が23:50分ごろ到着
東京からはつかりが、同じく23:00代に到着、0:20発の青函連絡船は3:50で函館に4:10ごろ到着乗り換えて札幌に8:00ごろ到着します。飛行機が3倍ほどする時代でした。>3時間50分かかりますので、深夜零時過ぎに青森(函館)を出発し、朝4時に目的の港に着きました。

函館と青森駅でそれぞれ、4時過ぎ発の札幌方面の特急や、上野・大阪方面の特急が待ち構えていました。>北海道帯広市住みですが、自分は深夜便をわざと外していました
貴殿が仰るように乗り換えが深夜から早朝で本当に疲れるので
上野~青森は「ゆうづる」ONLYでした、その方がゆっくり眠る
事が出来るし、全区間個室感覚でプライバシーが守られたので
深夜便は避けてました、ただ一度だけ高校の修学旅行で、上野
16時発で深夜の連絡船のパターンで本当に疲れました・・・>

青森駅から 青森港って タクシーだと いくらぐらい かかりますか? 深夜です。

青森駅から 青森港って タクシーだと いくらぐらい かかりますか? 深夜です。

http://www.tsugarukaikyo.co.jp/terminal/aomori_access/↑青森港も津軽海峡フェリーと青函フェリーで乗り場が若干違うのですが、約10分程度で1740円前後となっております。
余程のことがない限りは2000円でお釣りがくると思いますhttp://www.tsugarukaikyo.co.jp/terminal/aomori_invitation/↑津軽海峡フェリー利用で、青森港から利用される場合は上記の定額料金プランが利用できますので、帰りはこちらを参考にしてみてください。

札幌から長岡まで車で行くには、どのようなルートがよいでしょうか? 一番早く行け…

札幌から長岡まで車で行くには、どのようなルートがよいでしょうか? 一番早く行ける方法を教えてください。

もしも運転手が2人以上いて、交代で徹夜で運転するなら、青函フェリー経由で、15時間ほどなんだけど、…1人じゃ、その時間じゃ着かないですよね。
札幌を17時に出て、苫小牧19時発のフェリー。
仙台港に10時に着いて、新潟県の長岡には、14時着。
ちょっと休みながらでも15時着。
22時間掛かるけど、こちらの方が現実解と思いますが、いかがでしょう。
蛇足ながら、新潟行きのフェリーって、いつの間に無くなってしまったのだろう?

長岡とはどっちの?

カーナビ通りに高速で行けばいいと思いますけど。>長岡ってどこ?新潟?滋賀?どちらも日本海側の高速で使えばいいでしょう

凾館から青森は船で>

青函フェリーと津軽海峡フェリーの青森側の乗り場・事務所って共通なのでしょうか…

青函フェリーと津軽海峡フェリーの青森側の乗り場・事務所って共通なのでしょうか?また、青函フェリーと津軽海峡フェリー、どちらが応対が良いでしょうか。
自動車・運転手1名です。
よろしくお願いします。

青森側の乗り場自体は同じですが事務所は違いますし、離れてます。
但し、双方の事務所間は自動車での移動でしたら問題は有りませんが徒歩単位だと結構な距離が有ります。
青森側青函フェリー事務所は元東日本フェリー(青森港フェリーターミナル)を利用してまして建物は大きく、手前の駐車場も大変広く目立ってますが津軽海峡フェリーターミナルは、まだ道路を埠頭側に進んだ先に有ります。
お間違いになられない様。
因みにかっての高速船・ナッチャンReraが停泊している横です。
乗船手続きが終了しましたら指示に従って埠頭内の指定の場所で待機です。
乗船が始まりましたら先の係員に乗船券を掲示して照合を行って貰い後は誘導員の指示に従って車両甲板に移動するだけです。
青函フェリーと津軽海峡フェリーの対応の違いですが対応自体は大きな差は有りません。
但し、津軽海峡フェリーの方は大型船舶を使用していますので安定感は有ります。
青函フェリーさんが否、と言う訳では有りませんが、個人的には津軽海峡フェリーをお勧めします。
4時間弱の航海ですが出港時には小さいながらも売店が開きますし広いスペースとか椅子席(ソファー等)もあります。
尚、自動車航送料金は青函フェリーの方が若干安めの設定です。
因に津軽海峡フェリーは6m未満が20000円(ドライバー1名2等料金含む)青函フェリーは5m未満が17650円(ドライバー1名2等料金含む、3月中)※津軽海峡フェリーは乗用車設定が6m未満と軽自動車の2種類のみです。
※5m未満(青函フェリー)と仮定しましたのは大概の普通乗用車が4m以上5m未満だからと言うのが有ります。
安さを取るのでしたら青函フェリーを選択ですね。
函館港入港時間に近くなりましたら案内放送が掛かりますので車両甲板に移動して車内で待機します。
ハッチが開きましたら誘導員の指示に従って下船させて下さい。
※航行中は車両甲板に原則として戻る事は出来ないので4時間弱の航行ですが航行中に必要な物が有れば車から下ろして持って行きます。

そうですね、乗り場は同じですがターミナルビルの中の手続きの場は向かい合わせになっています。

なお海峡フェリーは、以前の東日本フェリーで使っていた船が二隻と以前道南自動車フェリーが使っていた船を使っています。
えさん・第二えさん丸が道南自動車フェリーで使っていたもので、こちらはトラックが多く使いますし船室は雑魚寝の部屋一つです。

東日本で使っていたほかの二隻は、きちんとした船室を備えています。

以前えさん丸は長距離のときにいつも使っていましたが、海を渡るだけというのであれば別に問題は無いと思います。
自動販売の缶ジュースの自販機しかありませんが、何せ4時間の間だけですから我慢ですね。

青函フェリーだけが函館の到着場所が、少し函館駅よりになるというだけです。
お使いになる時間によってどちらにするか決めると良いと思いますね。

どちらも5メートル未満であれば、17000円でしょう。
車一台・運転手込みでね。>青森側の乗り場(ターミナル)は同じです。

津軽海峡フェリーはもともと旅客も扱いがあったため、客船タイプの船が多いです。
びるご・びなす は以前からの客船フェリーで広々してます
http://www.tsugarukaikyo.com/

青函フェリーはトラックと運転手メインの船で旅客/一般営業もするようになりました。
船も小さ目がおおいです
http://www.seikan-ferry.co.jp/price.html

船ダイヤが乗っているので、大きい船に乗れる会社がいいと思います。>

函館から横浜への移動経路について質問します。

函館から横浜への移動経路について質問します。
12月8日の18時に出発して12月9日の昼過ぎ、夕方までに到着するように函館から横浜まで移動したいのですが、その際経費が最も安くなるのはどういった経路でしょうか、どのような方法でもいいのでどうか知恵をお貸しください。

船の場合18時以降となれば18時の青函フェリーしか無いな後は先の方の通り上野駅からは京浜東北線で横浜まで45?50分他は新幹線で函館ライナー18:01発で新幹線で新青森、青森に乗り継ぎ20時または22時の夜行バスパンダ号、上野からは京浜東北線で函館ー青森間は7200円くらいかなーー調べて

ホレ
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/plan/tokyo-hakodate_ticket/>とにかく安くということなら、
青函フェリー函館港18:00発青森港21:50着1600円(公式サイトの割引クーポン使用で1280円)
弘南バス パンダ号(夜行バス)青森駅22:20発上野駅翌日8:45着(12/8の運賃は6000円のようです)
の組み合わせが良いようです。
青森フェリーターミナルから青森駅へは3キロほど離れているので、移動はタクシー推奨ですね。
ただ、パンダ号はスタンダード4列シートなので、寝苦しいのではないかと思います。
津軽号というのが値段は少し高くなりますが3列独立シートで幾らか楽になるのですが、さっき見たら残り一席だったのでたぶん乗れないと思います。
上野駅から横浜駅まではJRで30分ちょっと、550円で行けるようです。

飛行機だと、
9日ANA554便函館空港12時10発羽田空港13時40分着が、特割3運賃で14990円ですね。
羽田空港から横浜までは京浜急行で約30分、480円で行けます。>高速バスも飛行機も値段変わりませんいちばんコスパの良い飛行機でしょうフェリーで大洗なんかに着いてもそこから高速代ガソリン代バカになりません>

岩手の盛岡から函館に行きたいです。

岩手の盛岡から函館に行きたいです。
いちばん安く済む移動手段を教えてください。
青春18きっぷで往復はできますか?料金が安ければ、青森までバス、そこから函館まで新幹線で行きたいなぁと思っているのですが、いくらくらいかかりますか?

先日函館から盛岡に車引取りに行きました。
青函フェリー2000円→青森から高速バス3300円?でした。
夜中2時の船乗って青森着が5時半前。
駅まで面倒でタクシー移動しました、これが1200円位で邪魔でしたね (T_T) まだ安い方法は皆さん言ってる盛岡函館切符がお安いかと思います。

青春18キップでは、盛岡からそのまま北上出来ませんよ!

一旦、北上まで行って迂回する必要があります。

JR線しか使えません。

また、オプション券で奥津軽いまべつ~木古内を新幹線。

木古内~函館を道南いさりび鉄道で可能ですが、

奥津軽いまべつへの本数が少ないので、

盛岡から1日で函館着が難しいかも?

高速バスとフェリーが現実的かも!?>あすなろ号と海峡フェリーで五千円じゃん

18きっぷ+青春18きっぷ北海道新幹線オプション券(片道用)>盛岡函館きっぷが、岩手県北交通であるみたい。
岩手県北交通のサイトでみてみてくださいね。>青春18ではオプション券が必要です
盛岡→高速バス→青森→フェリー→函館が最安では?>

今年のお盆に北海道までフェリーで旅をする予定なのですが、青森~函館で青函フェ…

今年のお盆に北海道までフェリーで旅をする予定なのですが、青森~函館で青函フェリーを利用しますが、お盆の時期の津軽海峡付近ってフェリーが欠航するような台風や、爆弾低気圧ってよく来たりしますか??天気なので何とも言えないと言われたら終わりですが、不安でしょうがないです(>_<)フェリーをよく利用される方や詳しい方回答お願いします☆あと、帰りに欠航された場合のアドバイスもお願いできたら嬉しいです☆よろしくお願いします☆

青函フェリーは航路も短いですし台風などの影響は、ほとんど直撃でなければ欠航は少ないです。
運次第ですがそれもよほど運が悪いという場合でしょう。
夏は爆弾低気圧の心配はなく気を付けるのは台風ですから、何日か前からチェックしていれば予想はできるでしょう。
一度、台風が本州を縦断したときに津軽海峡が直撃で、大間-函館航路の欠航に遭遇しました。
20年間フェリーを利用してますが、欠航に遭遇したのはその1回だけです(欠航のあることを予想して出かけたわけでもありますが)。
それでも、通常なら私は99%大丈夫と思ってしまいますが。
でも、欠航すると予約もキャンセルになります。
キャンセル客がその後の運航開始で優先されるということは基本的にはありませんので、混雑期は少々困ることになるかもしれません。
太平洋航路などの長距離フェリーは台風から離れていても欠航することがあります。
こういう航路は日と運航船が決まっているので、一旦ダイヤが乱れると正常運航に戻るのに何日もかかるので、怪しいときには台風予報に従って早々と欠航を決めてしまうことが多いからです。
台風が直撃してなくても前後何日かは影響を受けるのです。
それに比べて短距離フェリーはダイヤの回復が早いので欠航の時間は短いです。
天候が回復すれば運航開始も早いです。

北海道民です。どんな交通手段にもリスクは必ず存在します。船に限らず飛行機でも鉄道でも、自動車だって同様です。

青函航路の場合、太平洋航路や日本海航路のように長距離を運航するわけではないので、台風の直撃でもない限りこの時期に欠航することは稀でしょう。
帰りに欠航してしまったら、鉄道や飛行機に切り替えるか、フェリーの運航再開までじっと待つか、それだけです。
車を持ち込んだ場合は、必然的にじっと待つしかありません。
津軽海峡フェリーと青函フェリーとで、1日に16往復も就航していますが、ひとたび欠航となると港はトラックを中心にごった返します。丸1日キャンセル待ちなんてことにもなりかねません。>台風シーズンには早いのでほどんどきませんが、運が悪いと来ます。
1週間前まで分からないのでどうしようもないですね。
台風にあったら、青函トンネルくらいしか北海道から出られなくなります。
あきらめましょう。>

今月末トラックで北海道にいきます。
東北道→青函フェリー→函館→札幌という行程です…

今月末トラックで北海道にいきます。
東北道→青函フェリー→函館→札幌という行程です。
北海道で運転される方におききしたいのですが、この時期の高速道路状況はどのような感じなのでしょうか?4tトラック、オールシーズンタイヤです。
普通に高速は走れるのでしょうか?ノロノロ?通行止め?仕事の日程も有りますので心配です。
ご教授下さい。

大型ドライバーです。
ミックスで北海道に行くのは危険です。
最低限スタッドレスに履き替えましょう。
道央道は比較的除雪されていますが、それでもチェーン規制が出る時もあります。
札幌市内でもロードヒーティングで雪を溶かしてくれる道路もありますが、溶けていない道路もあります。
チェーンがあると思いますが、脱着がめんどくさいです。
会社と相談してスタッドレスを履かせて貰いましょう。
質問主さんの車庫がどちらかわからないですが給油は最低限、青森で給油しましょう。
出来るなら北海道で。
寒冷地用の軽油でないと燃料パイプにある軽油が凍ってエンジンが掛からなくなります。
仮に300リットルタンクだとしたら200リットルは寒冷地用軽油にしましょう。
この時期に青森県や北海道で売られている軽油は全て寒冷地用軽油です。

>この時期の高速道路状況はどのような感じなのでしょうか?

雪が降らなきゃ問題なし
雪が降れば通行止めもあり

>4tトラック、オールシーズンタイヤです。

事故を起こしに来るの?
雪が降るとオールシーズンじゃ無理
スタットレスが必要だよ
長期予報じゃ毎日雪の予報が出てるよ

あと燃料だけどフェリーに乗る前は最低限の燃料できて
北海道で給油したほうが良い
本州仕様の燃料で
北海道に渡りエンジンを停止すると燃料パイプで燃料が固まり
3月中旬まで車が動かせないと言う事になる可能性がある>トラック運転手ではないので、タイヤの事はよくわかりませんが、
そのオールシーズンタイヤというのは、凍結した路面でも走れる
ものなのですか?ちょっとネットで調べたら、無理みたいな感じで
書いてありますけど。雪道ではなくて凍結している氷の道と考えて
用意しておいた方が良さそうに思います。

北海道の高速道路は、混んでいる事はほぼ無いです。
道民は冬でもバンバン走りますから、のろのろでも無いはず。
それでも、夏道よりは時間がかかると考えて予定しておいた方が良いですよ。
あと、吹雪けば当然、通行止めになりますし、冬はよく、事故のために通行止めに
なります。>